ガーシー議員の登院拒否に賛否! 国会に不必要なのは居眠り議員?

ガーシー議員 

ガーシー議員 (C)まいじつ 

参院議院運営委員会の石井準一委員長が10月3日、NHK党のガーシーこと東谷義和氏に速やかに帰国して登院するよう求める文書を、N党の浜田聡政調会長に渡した。

5日までに東谷氏の対応を報告するように求めたというが、東谷氏が同意を示していないとされ、物議を醸している。

浜田政調会長は「海外で活動したいという本人の思いを尊重してほしい」と述べ、オンラインによる国会出席の可否も含めて議論するように要望。一方、N党の立花孝志党首は同日、自身のツイッターを更新し、《マスコミからの依頼があったので、アップします!》と、東谷氏への要請書を公開した。

また、YouTubeの動画で除名の動きには発展しないとの見方を示すも、最近の国会は一方向に流れだすと止まらない傾向があると指摘した。

さらに「NHK党の2位の山本太郎(※れいわ新選組の代表とは別人)が繰り上げ当選になるため、NHK党自体の議席数は変わらない。党としては痛くもかゆくもないんですけど、ガーシーが除名になれば、最高裁まで争うことになろうかと思います」との見解を示す。

「彼が今後、直接的に政治家の暴露をするということも想定されております。秋の臨時国会には登院しません。来年通常国会には出てくるかもしれませんが」と理解を求めた。

東谷義和氏への対応を巡り賛否両論

通常運転を続ける東谷氏に対し、ネット上では

《国会議員の仕事は、スキャンダルを暴くことですか?》
《立候補しながら、日本に居ない。当選させて貰っても、自分の都合ばかりを理由に、当院しない。罷免するか辞任させて、早くまともな人に議席を渡すべき》
《こうしている間にも国民の税金がガーシーに払われている。せめて少しは働いて下さい》
《立候補し当選した立法府に携わる立場の人間として登院し、その責務を果たすべき。NHK党とガーシーはいずれ喧嘩別れしそう》

などといった指摘が殺到している。しかし一方、

《国会に出席するも居眠りや単に座っているだけ、まるで発言内容も事前に打ち合わせされて、他は居るだけの議員にうんざりしている方も非常に多いと思う。NHK党はそもそもそんな澱んだ池に石を投げ入れる立ち位置でしょ》
《国会議員の質が落ちていく。目先の票集めに一生懸命で、政治家としての資質を候補者に求めない各政党の責任だろうね》
《批判もあるが、こういうとんでもない人でも当選すると、既存政治家もウカウカできないという効果はある》
《今更かと思うくらいに遅い。選挙前から登院しない事を明言していたのだから、すぐ現在の手続きを取ればよかったはずですよね?》
《もともと「当選しても国会に出ないよ」って本人言ってたからね。それを当選にしてしまったのは、投票数が多かったから。選挙自体は合法で問題が無かったのだから、今更どうのこうの言っても始まらないと思う》

など疑問の声も上がっている。

「ガーシー議員は先月末、インスタグラムに夏休みを満喫する様子を投稿。《夏休み スペイン編 どうしても生きてる内に見たかったサグラダ・ファミリア ほんま最高でした》などと綴り、現地の満喫ショットを披露しています。政治家は、ほぼすべて選挙前に掲げた約束や公約、マニフェストを守らず、税金を食いつぶしているだけなので、ガーシー議員と本質は変わりません。ガーシー議員を叩くのであれば、ほかの居眠り議員も叩かれてしかるべきです」(人権派ライター)

東谷氏は先月30日、20代の主役クラスの女優2人が〝パパ活〟していたと配信で暴露。1人は17歳の時のエピソードだと話し、ファンの間で大騒ぎになったが、最後まで真実という証拠を提示することはなかった。

そもそも東谷氏が当選したのは、民主主義の投票によるもの。東谷氏は、選挙に行って投票することの大切さも教えてくれているのかもしれない。

【あわせて読みたい】