福原遥『舞いあがれ!』を視聴した率直な感想は…「変な緊張が襲ってくる」

福原遥 

福原遥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優の福原遥が、10月1日に自身のYouTubeチャンネル『福原遥とふくはらはるか』に新たな動画をアップ。3日から放送スタートしたNHK朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』でヒロイン・舞役を演じるにあたり、現在の心境を語った。

「舞いあがれ!」は、ものづくりの町・東大阪市で生まれた岩倉舞(福原)が、自然豊かな五島列島で見た「ばらもん凧」に衝撃を受け、空を駆ける夢を抱くストーリー。

放送開始に際し、福原は「もうドキドキワクワク。いろんな気持ちでここ1カ月過ごしております」「大事に大事に作っている『舞いあがれ!』朝ドラを早く皆さんに見ていただきたい気持ちでいっぱいでございます」と笑顔を見せた。

また、視聴者よりも一足先に視聴したという第1週の感想は、「舞ちゃんの魅力がいっぱい詰まってますし、すごく感動するシーンがたくさんある」と称賛する一方で、「自分が出る回が近づいてきたら、また変な緊張が襲ってくるんだろうな」と不安な気持ちを吐露する。

作品の見どころについて尋ねられると、「コロナ禍でなかなか1歩踏み出す勇気を持てなかったり、夢はあるけど不安もいっぱいあると思うんですけど、夢を見ることってすごい素晴らしくて。こんなにもキラキラするんだとか、こんなにも喜びをみんなと分かち合えるんだとか。本当に夢を持つことは素晴らしいと思う」と言葉を選びながら回答していた。

「まいんちゃんの時からのファンだったので」

そんなヒロインらしい受け答えをする福原に対し、男性スタッフからは「完璧やん!」「各メディアで話してます?」とツッコミが。これに女性スタッフが「そうです! そういう取材やってた1日」と食い気味に反応すると、福原はこれまた笑顔で頷くのだった。

「福原さんといえば、2009年から始まったNHK教育テレビの料理番組『クッキンアイドル アイ! マイ! まいん!』で大ブレーク。子ども向けの番組ながら、その可愛らしさから多くの大きなお友だちを獲得し、都度その成長に注目が集まっていました。長年のファンにとっても朝ドラのヒロイン役は夢だったことでしょう。『ちむどんどん』のように、どうか炎上などせず、役に恵まれてほしいと願うばかりです」(芸能ライター)

この動画に、ファンからは

《遥さんの魅力が日本全国に広がる事に、一ファンとしてワクワクドキドキしています》
《半年間毎日のように遥ちゃんを見れるなんて、それだけで頑張れます! ありがとう》
《遥ちゃんが出る朝ドラと聞いて毎週録画かけちゃいました! クッキングアイドルまいんちゃんの時からのファンだったのですごく楽しみです!》
《舞ちゃんの夢、遥さんの夢、我々ファンの願い、色々乗せていよいよテイクオフです。全力で応援して行きます》

などと期待するコメントが寄せられている。

作中の料理シーンなどで、〝まいんちゃん〟の小ネタが挟まれることもあるだろうか。

【あわせて読みたい】