『東京リベンジャーズ』声優の“キャラ私物化”に怒りの声「ゾワッとする」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

声優・アニメオタクの間では知名度の高い声優・林勇が、10月3日放送の『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出演。ゴールデン番組への登場にオタクが大歓喜するかと思いきや、意外にもがっかりした反応が広がってしまった。

「アニメオタクでもなければ、声優の名前など聞いてもピンと来ないでしょう。林は昨今人気のアニメ『東京リベンジャーズ』の人気キャラ・マイキーこと佐野万次郎の声優。こう言えば『あぁ~』となり、知名度は跳ね上がるはずです」(サブカリスト)

その唯一といっていい名刺を武器に、林はギャル曽根VSタレント軍団で大食い対決を行う『チャレンジグルメ』のコーナーに登場。顔と名前だけではお茶の間が「誰?」としかならないため、挨拶代わりに「東リベ」で演じているマイキーの劇中セリフ「日和ってる奴いる!?」を発した。

ここまでは、声優のTV出演にはよく見られる光景だろう。だが、これしか芸がないとはいえ、林は「こんな大食いに日和ってる奴いる!?」など、その後もしつこくセリフを改変し続けたのだ。この行為に、作品やキャラのファンから苦言が殺到したのである。

キャラの私物化に「マジでおもんない」

どうやら作品やキャラのファンは、林がセリフを発し続けることで、まるで劇中のキャラが大食いをしているようになったことに我慢ならなかったようだ。

たしかに、ただ声優に起用されているというだけで、あくまでキャラは劇中のもので、林のものではない。それを林の一存で安売りし、無関係なセリフに変えて喋れば、イメージを壊されたと感じて怒るファンが出るのも無理はないだろう。

ネット上には、

《セリフやキャラはアニメのものじゃない?》
《キャラに愛着もってるならファンは嬉しいけど、セリフ多用しすぎてありがたみがなくなってて、ゾワッとする》
《キャラ私物化だけはしないでほしい》
《なんかマイキーやればいいと思ってない?》
《何でもかんでも「日和ってるやついる?」ってやるのマジでおもんない…大食いとマイキー関係ないじゃん…》
《マイキーで出過ぎてるとウザい もういいよ台詞は》
《東リベ関連コンテンツ全般に言えることなんだが、いつも「いる? いねーよな!」連発しまくってそれしかないアピールしてるみたいで、何か勝手に共感性羞恥を感じる》

など、称賛よりも苦言が続出した。

日頃は無茶苦茶な主張で暴れまわるアニメオタクだが、今回ばかりは林に落ち度があったと言えなくもないかもしれない。

【あわせて読みたい】