ゴマキ弟・後藤祐樹“台風支援”に寄せられたクレームを明かして賛否

(C)Medvid.com / Shutterstock 

元『モーニング娘。』後藤真希の弟・後藤祐樹が10月3日、自身のツイッターを更新。台風被害を受けた静岡県へ送った物資に苦言が届いたと明かし、ネット上で物議を醸している。

後藤はまず《静岡県の台風被害で知り合いの会社に各地域に渡るように物資を送りました》と報告した。

続けて《何人かファンの方から物資の要請があり全ての場所に送ることは僕も不可能でした。直接お送りできなかったファンの方から同情だけなら協力すると言わないでほしい、バービーさんは直ぐに送ってくれましたと言われました》と明かす。

その後、《僕も全ての方にお送りしたいのですが本当に申し訳ございません。もっと沢山の人に支援できるようになりたいです》と謝罪した。

紗栄子の支援と比較するネット民

このツイートに、ファンからは

《被災された人のために、時間やお金を使うというのは誰にでも出来ることではありません。そんな言葉気にしないで下さい》
《これはさすがに言いがかりとしかいいようがないね。個人で支援してるんだから誰でも限界があるでしょう》
《支援には限界がある。自分のところに届かないからといって、非難するのはおかしい》
《厚かましいにも程があるね。こんなひどい言葉、気にしない方がいいですよ》

など、フォローのコメントが寄せられている。一方で

《SNSで、私は支援しましたと報告する必要もないと思う》
《よく感情的に返さなかったことはえらいけど、ファンからの苦言を明かすのはどうかと思う》
《過去の事つぐなうためにやってるのなら、身の丈に合った事にした方が良い。褒められたくてやってるわけでもないんだよね?》

などの苦言も寄せられている。

モデルでタレントの紗栄子は、台風被害に見舞われた静岡にいち早く駆けつけ、救援物資を自らの手で配り歩き、地元から感謝の声が相次いで上がっている。

後藤は少なからず支援したことをファンにアピールしたい気持ちがあったのかもしれない。しかし、苦言については、黙ってスルーした方が賢明だったようだ。

【あわせて読みたい】