ヒカルの初書籍が大ヒット! 購入報告するファン続出「32冊しか買えてない」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

チャンネル登録者数485万人の超大物トップユーチューバー・ヒカル。9月30日に自身初の書籍を発売したのだが、異例の大ヒットを遂げているようだ。

書籍『心配すんな。全部上手くいく。』は、彼の成功の秘訣などが記された一冊で、「何者かになるための覚書」や「自分の知り方&つらぬき方」などのチャプターに分かれている。

また書籍としては珍しく、オリジナルステッカーを封入。ヒカルのショットと共に「チャンスは『行動する人』が大好き」などの金言が楽しめる。ファンはもちろん、人生に悩んだ人、日本語が読めるなら必読の国民的バイブルに仕上がっている。

そんな初書籍について、ヒカルは発売日に更新した動画で売上を報告。発売前から5万部も重版し、計20万部を突破したことを明かす。さらにファンの熱量についても語り、「1人で1000冊買ったって人もいましたね」と語っていた。

全部“上手くいった”結果の20万部

ファンのおかげで異例のヒットを遂げたヒカルの処女作。ネット上も当然のごとく大騒ぎになっており、

《10冊以上は買いました! これでステッカーコンプ!》
《まだ32冊しか買えてない。とりあえず30冊分は友達やお世話になってる人らに配ろっと》
《今から書店に行ってくるぜ! 10冊手に入れる!》
《本は全部で5冊。子どもに「同じ本そんなに買ってどうすんの?」って笑われた。だってステッカー欲しかったもん…》
《ステッカー8種類ゲット! あとはお家にあるのと予約分でコンプリートできたら嬉しいな》

など〝冊数マウント〟でホクホクするファンで溢れかえっている。

「アイドルのCD特典商法のようですが、ヒカルは書籍の評価より、売り上げにこだわっているようです。一部からは《1人1000冊って売れたって言えるんか?》《やってることがカルト》といった批判もありますが、ヒカルの魅力がわからない高齢者層からのヤッカミでしょう。この書籍は『コムドット』ヤマトの書籍『聖域』とともに、100年後も語られ、信仰される聖書のような1冊になることは間違いありません」(YouTubeライター)

4日時点で、アマゾンレビューは、171件で4.6という超高評価。ファンしか買っていないので当然だが、やはり信者ビジネスというのは儲かるようだ。

【あわせて読みたい】