アントニオ猪木氏は“国葬”にするべき?「誰も文句言わない」「キリがない」と激論

アントニオ猪木さん 

アントニオ猪木さん (C)まいじつ

10月1日、元プロレスラーのアントニオ猪木さんの訃報が日本中を駆け巡った。猪木さんの功績を称え、ネット上では〝国葬〟を望むプロレスファンが続出している。

プロレス界のレジェンドである猪木さんは、2020年7月にツイッターで〝心アミロイドーシス〟という厚生労働省指定の難病と闘っていることを発表。2021年1月からは腰の治療も開始し、闘病生活を送っていた。

その様子はたびたびYouTubeで公開されていたが、現役時代からの変貌に驚きを隠せなかったファンも多い。10月1日には、亡くなる10日前に撮影された動画がYouTubeで公開。10分間にわたって〝最期の言葉〟が語られている。

「猪木さんは芸能界だけでなく、政界にも進出。1989年に『スポーツ平和党』を結成し、史上初のプロレス出身の国会議員となりました。政治家としては1990年に起こった湾岸危機にて、イラクで人質となった日本人の解放に尽力。たった1人で湾岸戦争直前のイラクへ渡り、〝友好〟をテーマに平和的解決を実現させています。またプロレスラー時代に培った人脈から、北朝鮮を30回以上訪れ、〝橋渡し役〟として独自のパイプを築いた功労者です」(時事ライター)

「アントニオ猪木は国葬にするべきだ!」

プロレス界ではレジェンドと呼ばれ、政界では国会を飛び出して〝猪木外交〟を貫いた猪木さん。これは〝国葬〟に値する功績だと考える人も多く、

《アントニオ猪木さんの国葬は無いのですか? 昭和の日本に元気を与えてくれた大切な存在ですよ、岸田さん》
《猪木さんを国葬するなら、誰も文句言わないんじゃないかな?》
《安倍晋三氏の国葬に国民の血税を使うなら、アントニオ猪木や円楽の国葬に国民の血税を使った方がまだマシ》
《どっかのお偉い先生を国葬にするより、円楽さんや猪木さんを国葬にした方がいいよ。どれだけ自分達に元気をくれたか…》
《アントニオ猪木は国葬にふさわしい、と思っている人はかなりの数いると思いますよ。この方の生き様やプロレスに心酔されている方は多いですからね》

といった声が見受けられた。もちろん、そんな意見に対して、

《何でもかんでも国葬かよ》
《国葬のバーゲンセールやんけ》
《安倍ちゃんみたいに世界のリーダーと言われることした?》
《猪木までしたらキリがないだろって! 皇族と首相経験者くらいが妥当》
《プロレスに興味無い人間がどんだけいる思ってるんだ?》

などと一蹴する人も少なくない。

国葬実施の基準は〝国家に多大に貢献した特別な功績があること〟とされている。過去の例からすると猪木さんの国葬は非現実的だが、故人を巡って争いが起こるのは、本人も望んでいないだろう。

【あわせて読みたい】