千秋の“日本やばい”発言にゲンナリ「アンタのお父さんたち世代が…」

千秋 

千秋 (C)まいじつ 

タレントの千秋が10月4日にインスタグラムを更新。海外から帰国後に感じた日本とのギャップについて語り、ネット上でさまざまな声が上がっている。

千秋は焼肉の画像をアップし、《日本に帰って来たら物価が安くて、お金持ちになった錯覚に陥ります》と切り出す。

続けて、《「日本やばい」って今は焦りますが、しばらくするとこれも慣れて忘れてしまうのでしょう。今感じてるこの危機感をここに書き記す以外、どう活かしたらいいのかわからない。井の中の蛙。世界を知らな過ぎるわたし達》ともどかしさを吐露した。

千秋は格安航空を使ってロサンゼルスやメキシコを旅行。出発時には《冒頭から円安の洗礼 いつも買うスタバの瓶が1100円、ピザとコーラで4500円》とアメリカの物価高に驚きを綴っていた。

「具体的な対策案が欲しい」

千秋の投稿は、

《確かに海外はめちゃくちゃ高いよね。円安もあるけどそれだけ日本が貧しくなったのかも…》
《昔は海外へ旅行すると全く逆だった。寂しい時代になったねぇ》
《アメリカでランチのときにウェイターに支払うチップの額が、日本の一般的なランチの価格より高かった。今の日本はもはや先進国とはいえませんね》
《問題なのは物価が上がっていることではなくて、賃金が全く上がらない事。千秋さんはまだ稼いでいるから問題ないんじゃないの?》
《コロナ前から日本経済の低迷は指摘されてた。千秋はお金持ちだから実感無かったんだろうけど、今頃「日本ヤバい、井の中の蛙じゃ?」なんて言ってたら、みんな気づいてたよって笑われちゃうよ》
《日本やばい!と危機感をあおるような発言をすることが、正しいの? 事実は事実として「海外は物価が高い」でいいのでは》
《スタバが高いと言うが、あくまでも海外の話で日本で1000円超えな訳でもないので、何を比較しているのか意図がわからない。政治家に言って欲しい》
《日本は世界に比べたら物価が安いというけど、給料が違うんだから根本的に捉え方は違うと思う》

など、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

「千秋は今回の海外旅行がよほど楽しかったのか、自身のインスタグラムを41連投し、さらにYouTubeで3本の関連動画を公開しています。海外と比較した日本の現状を伝えたかった気持ちはわかりますが、いい大人なのですから、もう少し建設的な意見が聞きたかったというファンも多かったようです。さらに千秋の父親は『日本板硝子』の社長を務めた藤本勝司氏。彼女の意見に《投資家が儲かって、労働者が搾取される世の中を作ったのは、アンタのお父さんたち世代やで…》といった声もあがっていました」(芸能ライター)

果たして円安はいつまで続くのだろうか…。

【あわせて読みたい】