人気タレントが東京脱出! 18億円豪邸を売却したワケ「窮屈なんですよ」

假屋崎省吾 

假屋崎省吾 (C)まいじつ 

2000年代に人気を博した華道家・フラワーアーティストの假屋崎省吾氏が、年内での打ち切りが決まっている『ポップUP!』(フジテレビ系)10月4日放送回にVTR出演。近況について話し、関東近郊に移住したことを明かした。

「もはや若い世代では、假屋崎氏のことを知らない人がほとんどでしょう。同氏は00年代に人気を博し、フラワーアーティストのほかオネエ系タレントとして人気に。『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)など、人気バラエティーに数多く出演し、レギュラーを多数抱えていました。10年代からはめっきり姿を見なくなりましたが、近年はソフトバンクや健康食品のCMに出演するなど、ひそかに露出機会を増やしていましたね」(芸能記者)

假屋崎氏の現在に迫った番組は、まず表参道に建てられた自宅を紹介。その価格はなんと18億円とのことだが、假屋崎氏いわく「あそこはもう処分しちゃった」という。

一等地の豪邸を手放すとはなんとも惜しい気がするが、本人によると、住環境の変化が受け入れられなかったそう。「だんだん暮らしている内に周りが全部緑がなくなって、家とマンションとビルでしょ。やっぱり窮屈なんですよ」と、都心ゆえに再開発で建物だらけな状況を嘆いた。

18億邸より6億邸の方が住みやすい?

こうした環境が合わなかったのか、現在は「4つの拠点を行ったり来たりしている」と、都内に2カ所の仕事場を持ち、プライベートでは軽井沢と鎌倉で生活を送っていることを告白。軽井沢の邸宅は2020年に新築したばかりとのことで、「全部でいくらぐらいなんでしょうか?」との問いには「土地を買ったのはずいぶん前。十数年前でしょ?」「ちょんちょんちょんぐらいの感じで、建物がトントントンぐらいの感じ」と、擬音ひとつが1億円という独特の表現で明かしている。

土地とウワモノ合わせて6億円という大豪邸だが、それでも価格は表参道の3分の1。しかし、生活はこちらの方が満足しているようで、「もう環境が違うんですよ。まず温度が違う」「都会と全然違う。で、緑があるでしょ? もうアルファ波がいっぱい出てます」と自然の多さに癒やされている様子だった。

ネット上にも、

《あの花御殿売っちゃったんだね》
《歳をとると豪邸より自分の健康の方が大切ですからね》
《表参道は若者以外が住む場所じゃない。凄く充実した余生を軽井沢で過ごされているなと感じました》
《自然に囲まれてまた一段とインスピレーションが働いて創作意欲が湧いてくる気がします》
《仮屋崎さんのように感性豊かな方には都心なんて息が詰まるでしょうね》

など、この判断を支持する声があがった。

やはり、都会というのは人工的に造り上げられた、人の心を蝕む世界なのだろう。

【あわせて読みたい】