『ちむどんどん』以下? 朝ドラ“新主題歌”に辛辣声「何でこんな暗いんだ」

福原遥 

福原遥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月3日から放送がスタートしたNHK朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』の主題歌に注目が集まっている。

今回の朝ドラは、ものづくりの町・東大阪市で生まれた岩倉舞(浅田芭路・福原遥)が、自然豊かな長崎県の五島列島で見た「ばらもん凧」に衝撃を受け、空を駆ける夢を抱くストーリー。

10月5日の放送では、舞が療養のため母・めぐみ(永作博美)とともに五島列島へ。フェリーから降りると、めぐみの母・祥子(高畑淳子)が出迎え、めぐみの生まれ育った実家へ。大学を中退し、駆け落ちも同然で家を出ためぐみは、祥子に謝罪。ぎこちないながらも和解し、親子3代での暮らしが始まるのだった。

同作の主題歌は、人気バンド『back number』が書き下ろした新曲『アイラブユー』。福原は、同曲の印象について、あるインタビューで「さわやかさ、青春、甘酸っぱさ、いろんなものを感じた」というが、ネット上での評価は少々異なるようだ。

「主題歌の切れ方おかしいだろ」

「前作の『ちむどんどん』の主題歌は三浦大知が歌う『燦燦(さんさん)』。サビではいくつもの音を重ねて、ドラマチックに盛り上がるよう作られている上、歌詞も沖縄の美しい情景や家族愛が伝わる言葉ばかり。ドラマの内容は散々叩かれましたが、主題歌だけは絶賛の嵐でしたね。その一方で、『アイラブユー』はしっとりしたメロディー、言い換えれば、サビでもあまり盛り上がりがない曲調となっています」(芸能ライター)

そうした指摘はネット上でも多くあがっており、

《主題歌が全然フックしない サビが弱いんだよなぁ》
《主題歌の切れ方おかしいだろ 尺考えて作れよ》
《暗いニュースが多いから朝ドラの主題歌くらい明るいテンポで明るい声がいい 何でこんな暗いんだ》
《主題歌と第1話の雰囲気だとあまりテンポよくないのかな まったり感を感じたんだが》
《主題歌の『アイラブユー』、「きみ~に~わた~せた~らいい~♪」の後にもう一声あるかと思ったら無いんかいっっ!って何回かなったけど、繰り返し聞いてたら違和感なくなってきた》

などの反響があがっている。

これから半年間放送を観ていれば、聴き馴染んでいくと思われるが…。

【あわせて読みたい】