日本経済破綻の象徴? 全国で相次ぐ“無人販売所”の窃盗被害に危機感

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

〝無人販売店〟で商品を持ち去る事件が全国で相次ぎ、物議を醸している。

先月末には、新潟市にある無人販売所で冷凍餃子を盗んだとして、警察が55歳の無職の男を逮捕。防犯カメラには周囲を警戒しながら不審な動きを見せる男が映っており、料金箱に現金を入れようとするも、その手をよく見ると現金はなかった。

この店舗では8月にも今回の容疑者とみられる男に複数回、餃子を盗まれていたという。

また東京・杉並区にある無人販売所「やさしい餃子 西永福駅前店」では、白いTシャツにサンダル姿の男が1個300円のアイスを次々と袋に入れ、1円も支払うことなく退店。2カ月の間に7回も現れた男が盗んだアイスの数は計47個。被害額は約1万4000円にも及んだ。

相次ぐ盗難被害に、ネット上では

《日本人の民度もホント低くなったよね。ちゃんとお金払ってほしい》
《餃子なんていくらもしないのになんで盗むんだろ。しかもカメラに映ってるの分かっててやるんだから信じられない》
《たかが1000円程度で捕まるって、マジでダサいよな。親きょうだいや親戚中にバレてめちゃ恥ずかしいと思う》
《数百円のアイスや餃子が買えないってどんだけだよ。信じられない》

などといった声が上がっている。

無人販売自体が犯罪増加の原因に?

一方、無人販売という販売方法に対しては、

《そもそも無人販売ってパクられるに決まってるじゃん…スキがありすぎる》
《無人餃子販売店のエンタメ化か。自動販売機にすれば窃盗被害なんて起きないぞ》
《人件費削減のためだろうけど、無駄に犯罪者を量産するだけ。そろそろ止めた方がいいと思う》
《今年新しくできた割に被害多すぎない? ブランドイメージ損なって廃業にならないか心配》
《もはや今の日本で無人っていうシステム自体に無理がある。盗む奴が悪いのは当然だけど、コストをかけずに被害者ヅラする店側にもモヤっとする》

など、疑問を呈する声も相次いでいる。

「無人販売店での窃盗が相次ぐ理由は、円安・物価高で庶民の生活が苦しくなったからでしょう。店側も資本が無いため、できるだけコストをかけたくないでしょうが、簡単に商品を持ち出せるシステム自体にも問題があるといっていいでしょうね。かつて、牛丼チェーンの『すき家』がコスト低減のために夜間に従業員をワンオペ就業させ、強盗事件が相次ぎ物議を醸しました。批判が相次いだため、ワンオペは解消されたかのように思えましたが、いつの間にか復活。今年1月に名古屋の店舗で、アルバイトの女性店員がワンオペ中に倒れ、誰にも発見されないまま死亡していた事が明らかになりました。〝コスパ〟という言葉が持て囃され、給料が上がらないまま物価高に突入しているのですから、窃盗・経費削減が続出するのも仕方ないことです」(流通ジャーナリスト)

商品ケースを解錠し、電子マネーやSuicaなどで精算するようなシステムを導入しない限り、今後も窃盗犯が続出することになるだろう。そんなことよりも景気や経済対策を優先すれば、性善説に乗っ取った無人販売も成立するかもしれない。

【あわせて読みたい】