山田涼介『親愛なる僕へ』初回から大爆死! 視聴率4%台の原因は…?

山田涼介 

山田涼介 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月5日、『Hey!Say!JUMP』山田涼介の主演ドラマ『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)がスタート。第1話から視聴率が爆死してしまった。

主人公は、連続殺人犯・八野衣真(早乙女太一)を父に持つ大学生・浦島エイジ(山田)。

ある日、自らが二重人格であることを悟り、〝もう1人の自分〟が殺人を犯しているかもしれないと底知れぬ不安にかられ、真相を明らかにしようと決意。そこから驚愕の事実が、次々と白日の下に晒されていくのだった。

第1話の世帯平均視聴率はなんと4.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。視聴率を取りづらい時代ということを考慮しても低すぎる数字といえるだろう。裏番組の奈緒主演のドラマ『ファーストペンギン!』(日本テレビ系)が初回8.9%だったので、その半分しか数字を取れていないことになる。一体、なぜこんなことになってしまったのか…。

『テッパチ!』の負の遺産を継ぐことに…

「完全に前クールのドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)のせいでしょう。『テッパチ!』はアラカン敏腕女性プロデューサーが構想20年の末に生み出した大作でしたが、昭和の価値観とセンスを取り入れすぎてしまったためなのか大爆死。初回が7.6%だったのに、最終回では4.8%まで激減。『親愛なる僕へ』は完全にその数字のバトンを渡された形ですね」(芸能記者)

なお、『テッパチ!』の初回視聴率が高かったのは、その前クールの間宮祥太朗主演のドラマ『ナンバMG5』が大成功したから。その貯金を、わずか3カ月で『テッパチ!』が食いつぶしてしまったかたちだ。

「ジャニーズ主演のドラマは、夏ドラマの『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)、『新・信長公記』(日本テレビ系)がともに視聴率3%台を記録するなど連続大爆死中。『親愛なる僕へ』も3%台まで落ち込むのは時間の問題でしょう。さすがのジャニーズでもドラマ3連敗は痛いのでは?」(同・記者)

今期は『King & Prince』平野紫耀の『クロサギ』(TBS系)、『Kis-My-Ft2』玉森裕太の『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』(日本テレビ系)の放送も控えている。この2本は安定していそうな内容のため、ここまでの爆死とはならないと思うが…。

【あわせて読みたい】