ヒロミがコスプレイヤーをボコボコに…「ヤンキーの本性」「もう令和だよ」

ヒロミ 

ヒロミ (C)まいじつ 

タレントのヒロミが、10月6日放送の『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)に出演し、コスプレイヤーをボコボコにした。これを見て視聴者は、かつてヤンチャだった頃のヒロミを思い出して、懐かしんでいた。

ヒロミはお笑いコンビ『錦鯉』や滝沢カレンらと、コーナー「ダレダレコスプレショー」に出演。人気キャラクターのコスプレをした芸能人の正体を暴いた。

漫画『はたらく細胞』のキャラクター・白血球(好中球)に扮した人物が登場。このキャラクターは、ばい菌が侵入すると、ナイフを武器に暴れ始めるという。

そこで『ナインティナイン』の岡村隆史は、この日の解答者にばい菌役を演じさせ、スポーツチャンバラで対決させようと提案。ヒロミを誘うと、『アンタッチャブル』の柴田英嗣は「ボコボコにしちゃダメですよ、ヒロミさん!」と呼びかけた。

帽子の上に風船をつけ、先に風船を割った方が勝ちのルールに。岡村はコスプレをした人物に「あなた自身もいろいろあるでしょうから。間違ってヒロミさんのほっぺたとかに当たったら知りませんよ」とポツリ。ヒロミは相手の正体が分からないながらも、チャンバラを手にして対峙した。

サンシャイン池崎ドン引き「怖過ぎました」

はじめは慎重に駆け引きしていたが、コスプレした人物がチャンバラを手に詰め寄ると、ヒロミは猛反撃。振りかぶってチャンバラでたたき、後ろ向きで反撃する術を失ったところを何度も攻撃。スタジオに「止めて! 止めて!」と声が上がり、岡村がヒロミを抱えて止めると、コスプレする人物は肩のあたりを押さえてうずくまった。

岡村は「音がチャンバラの音ちゃいます」と慌てた様子。後に、この人物はサンシャイン池崎であることが明らかになったが、池崎は「ヒロミさんが怖過ぎました…」と振り返っていた。

視聴者は、かつては荒くれ者だったヒロミの大暴れっぷりを見てザワついた。

《昔のヒロミに戻った》
《ヒロミやりすぎ。誰こんな人を出した人》
《ヒロミ、ヤンキーの本性www》
《ヒロミとなぜかチャンバラ対決して乱闘になってたなww》
《もう令和だよ、ヒロミ》
《トラウマになったかもしれないな…ヒロミさん…もう令和なのよw でも、昭和のヒロミさん見れて良かった笑》
《上田にもヒロミにもボコボコにされるサンシャイン池崎》
《ヒロミに叩かれて泣いたんじゃないの? 大丈夫? ヒロミなんか殴っちゃえ!》

ついにヒロミが覚醒してしまったようだ。

【あわせて読みたい】