新ドラマ『silent』川口春奈のデリカシーゼロ行動にドン引き「無神経な女」

川口春奈 目黒連 

川口春奈 目黒連 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月6日より、川口春奈主演のドラマ『silent』(フジテレビ系)の放送がスタートした。元カレに未練タラタラの主人公に、ドン引きの声があがっている。

高校時代に佐倉想(目黒蓮)の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口)は、3年の時に彼と同じクラスになった。

中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、2人は付き合うことに。しかし大学進学というタイミングで、佐倉が一方的に別れを切り出す。

それから8年、紬は湊斗との同棲をスタートさせようと考えている中、病気で耳が聞こえなくなった佐倉と再会する…。

第1話は、8年ぶりに紬が佐倉を駅で見かけるシーンからスタートした。すると佐倉は、湊斗と電話していたが、それを放り投げて夢中で佐倉を追いかける。結果、同棲する部屋の内見予定をすっぽかしてしまった。

「デリカシーのないやつしかいないドラマ」

それから紬は、もう一度佐倉に会おうと駅で待ち伏せ。湊斗には「時効ってことで許して」「怒らないでよ」と言いながら、佐倉の声が大好きだったことをウキウキ顔で語る。湊斗が複雑な表情を浮かべると、紬は「湊斗の声も大好きだよ」と〝ついでに〟フォローするのだった。

初っ端から視聴者が応援できない行動を連発する紬。ネット上では

《今彼がいるのに元彼未練タラタラなの引いた》
《残酷でわろえない》
《いやー無神経な女だな》
《こんな話されたらこの場で別れるな》
《デリカシーのないやつしかいないドラマ》
《「みなとの声も大好きだよ」はウザすぎ》
《ヒロイン、彼氏に上から目線過ぎない?w》
《元カノ必死すぎて怖いんだけど…》
《これから同棲する彼氏がいるのにこんなに元カレに必死になる? 怖いんだけど》

といった声があがっている。

次回は、紬が佐倉と喋るために手話教室に通うことになるという。また荒れそうな展開だ…。

【あわせて読みたい】