『キングオブコント2022』女装ネタ多すぎ? 女性出場者は1人だけなのに…

松本人志 

松本人志 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月8日、お笑い賞レース『キングオブコント2022』が開催された。今大会でも一部の視聴者から、女性出場者の少なさを嘆く声が上がっている。

今年も「キングオブコント」は、8時間に及ぶお笑い特番『お笑いの日』(TBS系)の最後に生中継された。

今回のファイナリストは、『いぬ』『かが屋』『クロコップ』『コットン』『最高の人間』『ニッポンの社長』『ネルソンズ』『ビスケットブラザーズ』『や団』『ロングコートダディ』の10組。各々が渾身のネタを披露していった。

「視聴者が嫌悪感を抱いたのは、同番組の女性出演者の少なさでした。昨年『ダウンタウン』松本人志以外の審査員がガラッと入れ替わったものの、その中に女性審査員の姿はナシ。また番組に出演していた女性は、進行アシスタントの日比麻音子アナウンサーと、『最高の人間』の吉住のみ。スタジオ後方には、赤い服を着た観客の女性が大勢映っていたものの、演者側は男性が圧倒的でした」(芸能ライター)

「キングオブコント」は、1stステージの上位3組がファイナルステージに進出。1stステージとファイナルステージの採点得点を合わせた、総合点数で順位が決定するシステム。1stステージでは、10組中半分ほどが女装ネタを披露していた。

女装ネタは時代に合わない?

女性が少ないスタジオで女装ネタを披露し、男性審査員が笑い転げている図に、ネット上では、

《KOC全体的に面白かったんですが、番組の作りが最悪。女性が吉住さんと女子アナ、あとは笑い担当の赤い人たちだけで気持ち悪かった…》
《吉住さん出てきてやっと演者側で女性の声聞いた?って気分になった。お笑いの日は、ずっと男性ばっかりでバランス悪かったな》
《キングオブコントのネタ設定被りが気になった。男性コンビで片方が女装して恋愛ネタ、みたいなのがやたら多かったように思えちゃった。今の価値観に合わないだろうしやめて頂きたい》
《男性がわざとらしく女性を演じるコント、フェミニストさんはどう見てるのだろうか…》

などのコメントが続出することに。

「女装ネタや女性出演者の少なさが問題視される一方、優勝を果たした『ビスケットブラザーズ』が決勝で披露したネタは、女装が笑いのポイントになっていました。女性芸人だけが出場する賞レース『THE W』もありますが、『M-1』や『キングオブコント』より知名度で劣る感も否めません。そもそも『M-1』審査員も女性は上沼恵美子だけでしたし、彼女は前回大会で本気の引退を宣言。面白い女性芸人はたくさんいますが、知名度のある大会で優勝しているのは、男性芸人だけです」(お笑いライター)

そもそも「お笑いの日」に出場していた芸人も、男性出演者が圧倒的に多かった。2021年の「ジェンダーギャップ指数」で、156カ国中120位だった日本らしい光景といえるのかもしれない。

【あわせて読みたい】