新月9ドラマが重すぎる? 吉沢亮『PICU』に悲鳴「こんなの見れません」

吉沢亮 

吉沢亮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月10日より、吉沢亮が主演の月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)の放送がスタートした。丁寧な作りが称賛される一方で、一部の視聴者からは「月曜から重い」とのため息も聞こえてくる。

主人公は、北海道で生まれ育った27歳の小児科医・志子田武四郎(吉沢)。ある日、勤務先の病院に新設された「PICU(小児集中治療室)」に異動することになり、小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)と出会う。「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われてきた北海道で、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るメディカル・ヒューマンドラマだ。

第1話では、PICUのメンバー4人が出会う。志子田、植野に加え、植野と行動をともにしてきた優秀な看護師・羽生仁子(高梨臨)と、植野に誘われてやってきた救急救命医の綿貫りさ(木村文乃)の4人だ。そして、まだ開設前にもかかわらず受け入れ要請の電話が鳴り、意識を失った少女が運び込まれる。

病状の悪化から4時間以上経っており、手術することもかなりのリスク。植野らは手を尽くすが、少女は吐血して死亡してしまい、志子田は目の前の惨劇に呆然とするのだった…。

「月曜からメンタルハードすぎる」

「物語冒頭、緊急搬送された少女が死んでしまうシーンから始まり、最後も目の前で少女が死んでしまうという悲しい現実を描いた『PICU』。スーパードクターのようなタイプはおらず、現実的な展開でひたすらに進んでおり、これを評価する声があがっています。しかし、放送日時が〝月9〟ということに引っかかる人も多いようですね」(芸能記者)

社会人ならもれなく憂鬱な月曜日に、暗い現実を突き付けてくる同作に

《月曜から重い内容のようで視聴続けるか迷う》
《PICU良かった~~ 月曜からメンタルハードすぎる笑》
《激重すぎて、月曜9時ではきつさがあるが、吉沢亮のお顔がそれを可能にさせている》
《PICU激重やん…月曜からこれは重すぎやろ…》
《PICU重すぎです。月曜に見れませんこんなの》

といった悲鳴もあがっている。

制作チームは、これまた「月曜から重い」と言われたドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)チーム。内容には期待できそうだがはたして…。

【あわせて読みたい】