『相棒』お騒がせ女優がしれっと出演「許されたの?」「貴重すぎる」

水谷豊 

水谷豊 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月11日に、大ヒットドラマシリーズの特別版『相棒21直前! 杉下右京×亀山薫 新章突入SP』(テレビ朝日系)が放送された。かつて同ドラマで活躍した、懐かしの人物がカットされることなく映ったと、往年の番組ファンが大騒ぎしている。

放送されたのは『相棒 season7』8~9話の『相棒7 レベル4~薫最後の事件』。袴田吉彦が犯人役を務めた。

この事件を最後に薫(寺脇康文)は架空の国・サルウィンへ旅立つことに。特命係の部屋で紅茶を飲む右京(水谷豊)に、薫は「お世話になりました!」と頭を下げ、固い握手を交わす。次のシーンの舞台は、小料理屋「花の里」に移った。

高樹沙耶の“小料理屋シーン”再び

そこで女将の宮部たまき(高樹沙耶)は「で、なんと答えたんですか?『お世話になりました』って言われて」と、右京に薫との別れのシーンを詳しく話すよう問い掛けた。

右京は「特に何も。なにしろ、初めてだったものですからねえ…」「今までああいうことを言われたことがありません。彼の前に6人いましたが、みんな何も言わずに僕の前から姿を消しましたから。最短は1日で。最長でも1週間持ちませんでしたからねえ」と、しみじみしながら酒を口に。宮部は無言で酒を注いだ。

高樹の出演シーンはこれだけ。セリフもわずかだったが、大麻関連で逮捕されてから、このところ再放送では姿が消されがちだったと視聴者は指摘。『相棒 season21』のスタート前夜に登場し、視聴者を大喜びさせた。

《高樹沙耶が女将で出てて、え? 許されたの?って思っちゃたよw》
《高樹沙耶さんのシーンは再放送だとカットされる事が多いけど今回は放送してくれて嬉しい》
《また、出てほしいな。不祥事があった時に編集しやすいような場面で良いから》
《たまきさん、あの人は今》
《またとない地上波ゴールデン 高樹沙耶。『お金がない』見てたなぁ》
《高樹沙耶が出てる相棒がゴールデンで流れてるの、貴重すぎる》
《たまきさんのシーン削除されなくてよかった》

新シリーズにひょっこり高樹が出ることはあるのだろうか。

【あわせて読みたい】