子猫“選別”で炎上!?『もちまる日記』またも物議「ビジネスだな」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

猫系YouTubeチャンネル『もちまる日記』は、登録者数195万人を誇る超人気チャンネル。猫の〝もちまる〟のかわいさで人気を獲得してきたが、少し前に「金の匂いがする」と批判を集めることに。そして、それだけでは終わらず、この度また新たな火種を生み出したようだ。

批判されていたのは、今年8月に「もちまる日記」のサブチャンネル『もち様の部屋』に投稿された『初めて家に来た生後2ヶ月の子猫がかわいすぎた…』というシリーズ動画。「あずき編」「るま編」「むぎまる編」と、3つの動画で3匹の子猫を紹介していた。

この子たちは、もちまるの〝弟妹〟にあたる猫らしく、もちまるに負けない愛らしさ。瞬く間に数百万再生を稼ぎ、大きな話題を呼んでいた。

しかし、それぞれの動画再生数に若干の差があり、あずきの動画が他の2匹よりも数十万ほど再生数が多い。これが関係しているのか、サブチャンネルには、あずき単体の動画がアップされるようになったのだ。

さらに、あずきはメインチャンネルでもちまると共演するようになったが、一方で、るまやむぎまるは動画に登場することがなくなったのだった…。

生き残りを賭けた仁義なき戦い…

3匹の子猫は、もちまるの主人が飼っているわけではなく、友人らが飼育している。動画にあずきだけが登場しているのは、その友人が家を空けるため、急遽預かっていたからだというのだ。

しかし、人気者のあずきが「預けられた」という事実を、素直に納得できない視聴者も少なくない。ネット上には、

《完全に猫の選別試験にしか見えなくてヤバイ》
《YouTubeでの儲け方を知ってる優秀な猫動画専門業者によるビジネスだな》
《子猫3匹で選別試験やってたらしいね。一番再生数が高かったあずきちゃんに決定です。敗者の2匹はそれ以降、登場していません…》
《人気猫のみ動画で出しますって流れは、もう金の匂いしかしない。選別試験ってのもあながち間違ってはなさそう》
《むしろ選ばれなかった猫の方が、カメラで監視されないし幸せだろ》

などと指摘する声が寄せられている。

「子猫3匹の紹介動画は、もちまるに腎結石があると明かした動画の直後にアップされたため、《新ネコ投入でチャンネルの延命を図っている》などと炎上していました。そして今回は、動画再生数1位のあずきだけを出演させたことが問題に。あずきには別に飼い主がいて〝預かっている〟という状態のようですが、偶然にも1位だけが動画に登場するのがまずかったのでしょう。もちまるの動画を投稿するのも仕事のうちでしょうが、まずはネットで『選別』と騒いでいる人たちの誤解を解くことが先決かもしれません」(ネットニュース編集者)

誤解が独り歩きし、炎上に発展するのは悪いケース。そこが動物の動画で稼ぐために難しい部分なのかもしれない…。

【あわせて読みたい】