有吉弘行が「IQ高い」と認めた芸人は? 9000万円超えの馬券的中に驚き

有吉弘行 

有吉弘行 (C)まいじつ 

ベテランお笑いトリオ『インスタントジョンソン』のじゃいが10月13日、自身のツイッターを更新。競馬の『WIN5』で、自己最高となる9370万6710円の馬券を的中させたことを明かし、驚きの声が上がっている。

じゃいは《自己最高! 迷いましたが、晒します! この後YouTubeで詳細を》と綴り、的中した馬券の証拠画像をアップ。12万6000円分の馬券を購入し、9000万超の払戻金をゲットしたようだ。

自身のYouTubeチャンネルでは、「衝撃的なことが起こりました」と切り出すと、8月21日に「WIN5」が的中したと報告。今年6月に高額の追徴課税を受けた経緯から「以前なら素直に喜べたんですけど、今は素直に喜べないものがあります」と明かすも、「これで両親から借りたお金、妻から借りたお金は返済いたしました」と報告した。

続けて、「もちろん申告して税金も払いますので、今やっている競馬税制の活動費用が年に400万円くらいかかるみたいなので、5年続くとこのお金がなくなります」と複雑な胸中を吐露した。

じゃいの功績に称賛「もはや神!」

めげずに競馬に奮闘するじゃいの姿勢に、ファンからは

《全頭じゃなく10頭で16番人気をおさえてるのがすごすぎる。もはや神!》
《すごいなぁ。神は見捨ててなかったね!》
《粗品との格の違いを見せつけましたねw あの状況から本当に巻き返すのがスゴイ》
《この勝負強さは本当に国税すら変えられそうですね。言葉もないわぁ》
《まさに捨てる神あれば拾う神ありですね。税制変わるといいですね》
《IQの高さは有吉が認めるほど。細々とやれば億万長者だよ》
《昔は紙がメインだったから、経費は認めてもらえないのは理解できるが、今はデジタルで残るのだから、経費として認めるべきだよなぁ。じゃいさんおめでとう!》

など、大きな反響を呼んでいる。

「じゃいは今年6月、競馬の払戻金に対する巨額の追徴課税で多大な借金を背負ったことを明かし、話題になりました。その額は『マンションを買えるくらい』だといい、周囲から多額の借金をしていたようですが、今回の的中でうまく返済できたようですね。現行の税制ではハズレ馬券は経費控除できず、競馬ファンの間で物議を醸していました。じゃいは国税不服審判所に不服申し立てを行っていましたが、今回の的中でまた注目が集まりそうです。実際に『太田プロダクション』の先輩タレント・有吉弘行は『あいつは凄いIQが高いらしい』と称賛しているようです」(芸能ライター)

数千万の当たり馬券を何度も的中させているじゃい。まさに生粋のギャンブラーといえるだろう。

【あわせて読みたい】