『舞いあがれ!』大阪編に不安? 五島列島編が早くも完結「短すぎー」

福原遥 

福原遥 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

NHK朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』で、長崎県・五島列島編が終了を迎えた。美しい景色に、あたたかな人々とのやりとり…視聴者からは〝五島ロス〟の声が殺到している。

今回の朝ドラは、ものづくりの町・東大阪市で生まれた岩倉舞(浅田芭路・福原遥)が、自然豊かな五島列島で見た「ばらもん凧」に衝撃を受け、空を駆ける夢を抱くストーリー。

第2週『ばらもん凧、あがれ!』10月14日の放送回では、五島列島編が終了。祖母・祥子(高畑淳子)や島の住人たちとの別れが描かれた。

近所に住む仲良しの一太(野原壱太)に弟が生まれ、それを祝して五島名物「ばらもん凧」を上げることになった。運動をすると熱がでやすい体質の舞は、当初は凧上げに不参加の予定だったが、祥子から〝本当の気持ち〟を言うように促されると「参加したい」と胸の内を明かす。

当日、2メートルもの巨大な凧を見た参加者からは大きな歓声が。いざ、始めようとすると一太から「舞、先に飛ばしてみんね」「舞から『やろう』って言ってきたこと、初めてやけん」とバトンタッチされ、舞は不安を感じながらも挑戦。凧は風にあおられてしまうが、それゆえに高く舞い上がる。

こうした舞の成長に、祥子は実の娘であり、舞の母・めぐみ(永作博美)に電話で「舞はもう大丈夫たい。大阪へ帰らすけん」と進言。後日、迎えに来ためぐみとともに舞は地元へ帰るのだった。

「五島編ロスになってる」

「舞が凧を自力であげ、祥子や五島との別れが描かれた今回。主人公の心情描写すらもままならなかった『ちむどんどん』と違い、舞だけでなく祥子やめぐみ、一太などすべての登場人物の心情を想像できるストーリーで、いちいち感動してしまいますね。朝ドラファンからも、『開始3分で号泣。 ばんばのあの表情でまた号泣』『化粧前で良かった』など、感涙報告が連日のように相次いでいます」(芸能ライター)

17日からはいよいよ東大阪編が始まる。放送開始から約2週間の「五島列島編」の閉幕に対し、視聴者からは

《もう五島列島編が終わってしまうのね、もっとずっとみていたい気がした。舞ちゃんとばんばの関係、本当に素敵でした》
《五島編短すぎーーーー もっとばんばや島の人たちとの交流が見たかった!》
《五島編が終わってしまったぁ そうかなぁとは思っていたけれど…舞ちゃん、自分の気持ちしっかり言えるようになっててよかった。 今日も祥子ばんばの涙でもらい泣き》
《普通、ドラマ終わった時にロスになるんだと思うけど、舞いあがれ!に関しては五島編ロスになってるわたし》
《舞やん、まだ自分のばらもん凧あげてないからまた五島に戻ってくると思っていいかい? 悠人くんも来るよねって思っていいかい? 祥子さんにも一太くんにもまた会えると思ってていいよね?(ロスになりたくないのでまた会える展開を考える)》

などと惜しむ声が多くあがっている。

東大阪編もきっと良作になるに違いない…!

【あわせて読みたい】