『ザ・ノンフィクション』また神回!“人力車に魅せられて”続編に「泣けてきた」

(C)paffy / Shutterstock 

10月16日のドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)は、『人力車に魅せられて2 ~夢と涙の軽井沢物語~』を放送。浅草の人力車会社で挫折した男性のその後が描かれ、大きな話題になっている。

7月に放送された第1弾放送「人力車に魅せられて」では、東京・浅草で1人前の〝俥夫(しゃふ)〟になるべく励むアツシさんに密着した。彼は何度も同じミスを繰り返し、後方確認など基本的な交通ルールを守ることが出来ず、卒業試験は13回も不合格に。世話になった人力車の運営会社・東京力車を去っていた。

今回の放送では、そんなアツシさんの姿を見た長野・軽井沢の人力車会社の社長から「まだ、やる気があるならぜひ、うちで働かないか」と連絡が入り、新天地で奮闘する姿が紹介された。

「自分の弱点を克服するんじゃなくて、受け入れて、その弱点の中で生きていく」という新社長の言葉を受け入れ、少しずつ成長を見せるアツシさんだったが、ある日、浅草時代の社長と上司が訪れ、アツシさんの人力車に乗りこむのだった。

人力車を通して描かれた日本社会

仕事を通して強く生きぬくアツシさんの姿に、視聴者からは

《ノンフィクション観たら泣けてきた。アツシさん、人力車頑張ってほしい!》
《前回放映したときは内容といい、その終わり方といい、かなり衝撃だったけど、まさかの2回目。心抉られるような展開。これやっばいな》
《社長のシーンカットされすぎ。なんで?》
《フジテレビも意地悪だな。浅草の高圧的な指導と高山さんの指導。見事に対比してくれたね》
《今日のノンフィクション、神回だったなぁ。前回の人力車、見てて辛かったから余計に感動した》

などといった反響が寄せられている。

「浅草時代の社長と上司が軽井沢を訪れたことには賛否両論があるようですね。逃げるように去っていただけに、アツシさんもかなり緊張していました。恐らく番組の演出上3人を再会させたのでしょうが、せっかく新天地で努力しているアツシさんがプレッシャーで押しつぶされないか、視聴者も気が気ではなかったようです」(テレビ誌ライター)

現在は鎌倉で俥夫として働いているというアツシさん。事故を起こさずに活動していることを祈りたい。

【あわせて読みたい】