日曜劇場『アトムの童』初回から大爆死!“オタク文化”に視聴者が拒絶?

山崎賢人 

山崎賢人 画/彩賀ゆう 

10月16日、山﨑賢人主演の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)の放送がスタートした。香川照之の降板騒動や、これまでの日曜劇場っぽい作風のため注目を集めていたが、視聴率は初回からかなり苦戦しているようだ。

主人公の安積那由他(山﨑)は大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者。「ジョン・ドゥ」という名前で活動し、誰もその素顔を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と称される存在だった。

廃業の危機を迎えていた老舗玩具メーカー「アトム玩具」の一人娘・富永海(岸井ゆきの)は経営再建のために、ゲーム産業への参戦を決意。ひょんなことで知り合った安積とともに、巨大資本の企業を相手に挑戦の旅に出る。

第1話の初回世帯平均視聴率は、なんと8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。日曜劇場としてはかなり厳しいスタートになっている。

「二桁視聴率が最低条件の日曜劇場のうえ、さらに一番数字を取りやすい初回の視聴率が二桁割れとは大誤算でしょう。ゲーム業界が舞台になっていることで、いつも日曜劇場を見ていたライト層や高齢者層を取り逃がしてしまったかもしれません。結局やっていることは、池井戸潤作品的な下剋上企業ドラマっぽいのですが…」(芸能記者)

「日曜劇場の王道でいいと思う」

この作風に、ネット上からは、

《日曜劇場の王道でいいと思う》
《まあ中小企業が大資本に立ち向かうという日曜劇場の王道ですね》
《最初はゲーム物かと思ってあまり期待していなかったけど、面白かったです。さすが日曜劇場と思いました》
《そろそろこの展開の読める池井戸作品半沢フォーマット脚本に慣れてしまった、飽きてしまっている視聴者も多いのでは?》

といった声があがっている。

「ただ、視聴率とは裏腹にツイッターではトレンド1位を獲得するなど、大盛況と報じられています。しかしまあ、国内のツイッターなんてアクティブユーザーはオタクが大半、外国とは時差があるため声優がバラエティーに出ればトレンド1位を獲得するような、世間一般の反応とかけ離れた指標。そのため、なんの慰めにもならないでしょう。『ネットで話題!』などと謳えば、見逃し配信に人は集まるかもしれないですが…」(同・記者)

とはいえ、まだドラマは始まったばかり。今後の展開に期待だ。

【あわせて読みたい】