目黒蓮『silent』ゴリ押しにウンザリ?アゲ記事ラッシュに「オトナの事情」

silent  川口春奈  目黒蓮 

『silent』に出演する川口春奈と目黒蓮 画/彩賀ゆう 

「泣ける!」「号泣した!」と話題の川口春奈主演のドラマ『silent』(フジテレビ系)。ネット上では、やたらと評判がいい同作に、疑惑の目が向いている。

高校時代に佐倉想(目黒蓮)の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口)は、3年の時に彼と同じクラスになった。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、2人は付き合うことに。

しかし大学進学というタイミングで、佐倉が一方的に別れを切り出す。それから8年、紬は湊斗との同棲をスタートさせようと考えている中、病気で耳が聞こえなくなった佐倉と再会する…。

「高校時代の初恋の彼が、聴覚障がい者になっていた…。同棲をしようとしている彼氏がいるけど、私は初恋の彼に夢中…というストーリーの同作。障がい者との恋という日本人が大好きなストーリーと、坂元裕二もどきのセリフ回しが評判で、視聴率は6%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しています。ツイッタートレンドランキング、『TVer』再生回数ランキングなどを席巻し、日々ネット上ではアゲ記事が量産されています」(芸能記者)

某スポーツ誌のウェブサイトでは、「芸能人も絶賛!」という切り口で、『ジャングルポケット』斉藤慎二、『パンサー』向井慧、声優の堀江瞬という何とも言えないメンツが『silent』をベタ褒めしていたと報道している。

ツイッター世界ランキングを自慢する日本人

これらにもちろん同調する声は多いが、一方では

《このドラマに関して、アゲ記事が目立つ》
《本当にこのドラマだけいつもこんなに持ち上げられてて、どうしたんだろう?ってくらい不自然》
《やたらマスコミが持ち上げてる印象がある。ひいき目に見ても、そんな持ち上げる程のドラマだとは思わないが、何かオトナの事情があるのだろう。ちょっと気持ち悪いものを感じる》
《6パーで大騒ぎする稀なドラマ》
《このドラマの上げ記事には、もううんざりです》
《なんかアゲ記事が多くてちょっとそこまで…とうんざりしてきちゃったなぁ》

といった声が多くあがっている。

「目黒蓮が属する『Snow Man』は、今ジャニーズで最も人気のグループ。そこのエースが出演する作品なので、絶対に失敗は許されない。その結果が、このような異常なゴリ押しになっているのでしょう。〝ツイッター世界トレンド1位〟なんて提灯記事もでていますが、そもそもツイッターが現在もこんなに流行っているのは日本だけ。日本はツイッターの利用者数が世界2位です。海外ではとっくにオワコンなので、日本でトレンドになれば自動的に〝世界〇位〟になるのは当たり前。海外とは時差もありますし、それをいちいち騒ぐのは確かに不自然ですね」(同・記者)

Netflixで世界ランキングに入ってから、〝世界〇位〟と騒いでほしいものだ。

【あわせて読みたい】