『アメトーーク!』炎上を緊急釈明! 被害者側が「僕の技術不足」と猛反省

小宮浩信 

小宮浩信 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

声優・花江夏樹と双子レベルに激似なことで知られるお笑いコンビ『三四郎』小宮浩信が、ネット上を震撼させた『アメトーーク!』(テレビ朝日系)での〝暴言事件〟について自ら振り返った。

10月16日、『川島明のねごと』(TBSラジオ)に出演した小宮は、発言の真意について釈明することに…。

「小宮が暴言で炎上したのは、今年8月25日に放送された『すぐナメられちゃう芸人』でのこと。番組終盤、出演芸人の中で『一番ナメられている芸人』を決めることになり、『天津』向清太朗が満場一致で選ばれました。小宮も向に一票入れたのですが、その理由について『言葉にワクワクしない』『テンプレ芸人』など、辛辣な言葉を連発。まるで、口の悪いニュースサイトのように一方的に罵詈雑言を浴びせ、人格否定だと炎上しました」(お笑いマニア)

向がレギュラーの「川島明のねごと」にゲスト出演した小宮は、件の発言について「追い詰め続けたら、いつも見たことがない向さんが出るかなと思って」と、〝テンプレ〟から脱却した切り返しを期待し、あえて厳しい言葉を浴びせたと語る。

これに対し、向も怒ることなく「僕の技術不足」と真摯に反省。しかし一方で、小宮が立て板に水で悪口を浴びせたことについて「こんな言葉は想像じゃ出てこない。(普段から)思ってるやん」と「ナメている」ことを問い詰めた。

アニオタのせいで大事になった!?

これに対し、小宮は「即興で出たとかじゃなくて、アンケートの時点で考えて出た」と釈明。ある程度前から考えていたと棘を残したが、その後お互いに謝罪・和解するのだった。

一応和解は成立したが、そもそも、なぜこの程度の〝お笑いのくだり〟がここまで大ごとになってしまったのだろうか…。

「全てはアニオタのせいなんですよ。ことの顛末を説明すると、『川島明のねごと』で向と小宮のバチバチとしたくだりがウケていたため、それを地上波でもやったところ、向がラジオのような返しをできなかったのです。しかし、これを見たアニオタは元ネタを知らないため、アニメ好きを公言し、アニメ関連の仕事も多く受け持っているうえ、見た目も自分らと同じ〝仲間〟である向が罵詈雑言を浴びていると勘違い。小宮を攻撃して炎上させたのです」(WEBジャーナリスト)

他人の土俵に土足で上がり、自己都合の論理で炎上させるとは…。さすがはバラエティーやドラマといった〝別の畑〟を平気で踏み荒らす声優を支持しているアニオタなだけある。

【あわせて読みたい】