『関ジャム』アニソン特集に違和感!“業界の闇”放送せず…「つまらなかった」

関ジャニ∞ 

関ジャニ∞ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月16日の『関ジャム∞完全燃SHOW』(テレビ朝日系)では、約3年ぶりとなるアニソン特集を放送。アニソンへの意識変化や、世界中でアニソンが聴かれるようになった理由を紹介していったのだが、コアなアニメファンからは失望の声も…。

この日の番組ではアニメ評論家の冨田明宏氏と、これまで1500曲以上のアニソン制作を手掛けてきた音楽プロデューサーの上松範康氏、声優の愛美を迎えてトークを繰り広げていくことに。番組前半ではここ最近で流行ったアニメとそのオープニング、エンディングテーマ曲をピックアップ。

『オッドタクシー』の『ODDTAXI』や『王様ランキング』の『裸の勇者』など、ヒットアニメの具体例を出しながらアニソンとしてこだわっている部分を分析していった。

後半では〝バンドリ〟こと『BanG Dream!』を特集。声優だけでなく、踊りや歌、バンド演奏を手掛けるバンドを紹介している。番組に出演したバンドリ声優の愛美によると、最初は楽しそうと思っていたが、実際は寝る暇がないほどハードな毎日を過ごしていたそうだ。

声優たちの奮闘がさらっと流され…

昨今のアニソン市場から、声優の裏側まで浅く広く取り扱った放送だったが、コアなファンにはあまり刺さらなかったよう。ネット上には、

《想像してた20倍くらい関ジャムのアニソン特集つまらなかった。ここ2、3年でアニソンに興味持ち始めた人だけが楽しい番組でしたね》
《宣伝感が強すぎたかなー。途中でチャンネル変えちゃったわ》
《ブシロードが無茶させすぎた結果、辞めた人がいることは覚えておいてほしいね》
《楽器なんかほぼやってこなかった彼女たちがどれだけの努力をしたのか…。しっかり放送して欲しかったかも》

などのコメントが寄せられている。

「今回番組で紹介された『バンドリ』は、キャラクターを演じる声優が実際にバンドを組んでアーティストとしても活動。声優でありながら声を当てているキャラクターと同じように、歌と踊り、楽器の演奏などをリアルで演じています。本来は声優業に専念すればいいものの、バンドリに起用された声優は過酷な稽古を強いられることで有名。今までに、白金燐子役の明坂聡美が突発性難聴で卒業し、後任の志崎樺音も声帯浮腫のため活動休止し、2017年には今井リサ役の遠藤ゆりかが引退を発表しています。バンドリの過酷な現場や、今までに多くの休養者を出していることにも、少しは配慮してほしかったですね」(アニメライター)

楽しく順調な様子だけを切り取った特集は、コアなファンには好かれないのだろう。

【あわせて読みたい】