吉沢亮の月9『PICU』は鬱ドラマ? 危険なフラグがすでに3つも…

吉沢亮 

吉沢亮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月17日、俳優・吉沢亮が主演を務める月9ドラマ『PICU 小児集中治療室』(フジテレビ系)の第2話が放送された。地獄のような鬱フラグが立ちまくり、視聴者を「月曜から地獄」と恐怖に陥れているようだ。

主人公は、北海道で生まれ育った小児科医・志子田武四郎(吉沢)。ある日、勤務先の病院に新設された「PICU(小児集中治療室)」へ異動することになり、小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)と出会う。

「大規模なPICUの運営は極めて困難」と言われてきた北海道で、駆け出しの小児科医が先輩医師と共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るメディカル・ヒューマンドラマだ。

「子どもが死亡するシーンから始まり、子どもが死亡するシーンで終わるという、とんでもない幕開けをした第1話。第2話でも相変わらず辛いシーンの連続でしたが、今後はさらに厳しい展開が予想されています」(芸能記者)

「フラグが沢山ありすぎて怖い」

まず待ち受けているだろう展開は、親友・屋野(高杉真宙)の自殺未遂。第1話、2話で屋野は、友人間でグループ通話をするたびに、なにか言いたそうにしては言えないでいた。さらに、パワハラを受けているのではないかと思われるシーンが挟まれていた。

そして第2話終盤、志子田のもとに屋野からの通話があったのだが、屋野は荒い呼吸をするのみ。志子田の不安そうな表情で幕を閉じたのだ。

次は、志子田の母親・南(大竹しのぶ)の死亡フラグ。夫を若くして亡くし、女手一つで志子田を育ててきた南は、今も志子田と2人で暮らしている。第2話では、南がご飯を食べまくることに、志子田が「だから太るんだよ」とツッコんだのだが、南は「それがさ、痩せたんだって」と一言。医療ドラマで「痩せた」は、どう考えても重病フラグだ。

そして最後は、幼馴染・桃子(生田絵梨花)の赤ちゃん大病フラグ。桃子は現在妊娠しているのだが、〝小児集中治療室〟がテーマのドラマで、これはどう考えても病気フラグ。志子田が担当することになるだろう。

ネット上では数々のフラグに、

《重いし暗いし視聴率取る気無さすぎやろ》
《月曜から地獄かよ(笑)》
《フラグが沢山ありすぎて怖い》
《何もかもが悪い方のフラグに見えて怖い どうかどうか悠太くんも桃子ちゃんも南さんも最終回まで笑顔でしこちゃんのそばにいて》

といった声があがっている。

ただでさえ暗いドラマでこれでは、もはや鬱ドラマになってしまいそうだ。

【あわせて読みたい】