マルゲリータピザ論争勃発!『ジョブチューン』炎上商法に釣られるネット民

(C)ShotPrime Studio / Shutterstock 

10月15日放送の『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(TBS系)で紹介された「マルゲリータ」が、ネット上で物議を醸している。

番組ではこの日、一流シェフたちがコンビニやチェーン店の人気メニューを〝本当に美味しいのか〟ジャッジする人気企画を放送。

今回は大手宅配ピザチェーン『ピザハット』が3度目の挑戦。事件は、人気第3位の『ピザハット・マルゲリータ』を評価する場面で起こった。

ジャッジ役のシェフたちは、味に対して一様に険しい顔を浮かべ、製法や具材に関する厳しい質問も飛び交う。プロとして許せなかったのか、ナポリピッツァ世界大会で優勝した超一流シェフ・牧島昭成氏からは、「マルゲリータを名乗るんだったら、ちゃんとしてほしい」と辛口コメントまで飛び出してしまった。

もちろん不合格判定の牧島氏は、「納得いかないですね」「これを〝マルゲリータ〟と売られては困るんですよ」とご立腹。「ピザハットは生地が美味い」とフォローしたが、全体のバランスに苦言を呈したのだった。

ネット民VS美食家の大論争に発展

世界の頂点を獲ったシェフにとって、チェーン店のクオリティーが納得いかないのは、ある程度仕方のないことだろう。だが、ネット民たちは、親しみのあるチェーン店をけなされたことに大激怒。一方、美食家を名乗る者たちは牧島氏に賛同し、ネット上は

《これはマルゲリータじゃなくピザハットマルゲリータなんだよ》
《本格マルゲリータを全国チェーンで同じ味で1380円であなたたちは出せるんですか?》
《ピザハットと審査員の店のマルゲリータって値段が100~300円ぐらいしか差が無いんよな ジャッジも厳しくて当然》
《わざと専門家に叩かせて可哀想だと客を煽る くだらない番組》
《クソ炎上番組 相手にしないのが正解》

など、大論争になったのだった。

「一般的なマルゲリータは具がトマトソース・バジル・チーズ・オリーブオイルのみと、シンプルゆえにごまかしの効かない定番の一品。チェーン店のクオリティーでは、一流シェフを満足させるなんてできるはずがありません。そもそも、担当者自身、コストや品質面から本来のマルゲリータに必須なフレッシュバジルなどを使っていないと認めています。これでは、まるで酢飯でない寿司のようなものであり、厳しいジャッジが下される物しか生み出せていないのは、純然たる事実でしょう」(フードアナリスト)

ではなぜ、この事実にネット民たちはマジギレしたのか…。

「一流店など一生に一度行くかどうかの〝高嶺の花〟と考える人達には、一流店への〝ひがみ〟があり、一流とされるシェフたちに〝なんか鼻につく〟とマイナスな感情を持っています。つまり、今回騒いでいる人達は、〝一流だか知らないけど偉そうでなんか気に入らない〟という嫉妬をシェフたちへ向けたにすぎません」(エコノミスト)

そもそも、宅配ピザすら高いと躊躇し、スーパーやコンビニの400円ほどの冷凍ピザしか食べない人たちは、偉そうにピザを論評できるのだろうか。

【あわせて読みたい】