実写版『耳をすませば』設定変更が不評! 聖司がチェロ奏者になった大人の事情

松坂桃李 

松坂桃李 (C)まいじつ

10月14日、実写映画『耳をすませば』の公開が全国で始まった。スタジオジブリによる名作アニメ映画の10年後を描いた作品ということもあり、注目度は高かったが、思った以上に客足を伸ばせていないようだ。

1989年に少女漫画雑誌『りぼん』で連載されていた不朽の名作「耳をすませば」。1995年にジブリによってアニメ映画化され、長きにわたって愛されている。

今回の実写版は、同作の10年後を描く完全オリジナルの物語で、主人公の雫(清野菜名)は児童書の編集者として出版社で働いており、聖司(松坂桃李)はチェロ奏者になる夢を叶えるためイタリアに渡っている。

「耳をすませば」といえば、ジブリのアニメ映画が強く印象に残っている人も多いだろう。作家を目指す雫、バイオリン職人を目指す聖司、そして『カントリーロード』。しかし実写版では聖司がチェリストを目指しており、テーマソングも合唱曲の定番『翼をください』に変更されている。

「15日から16日を集計した『全国映画動員ランキング』(興行通信社調べ)で同映画は、初登場4位という微妙な位置に。しかも3位には7日から公開された『幸福の科学』の最新映画『呪い返し師 -塩子誕生』がランクインしており、お世辞にも大ヒットとは言えない滑り出しとなっています」(芸能ライター)

別作品になった実写版『耳をすませば』

アニメ版との違いを受け入れられない人も多いようで、ネット上には、

《ジブリ版「耳すま」の偉大さを感じますね》
《耳をすませば、設定変えられてたの残念…。なぜチェロなんだ、カントリーロードもないし》
《なぜか音楽がカントリーロードから翼をくださいになってたの残念だったな》
《そもそもジブリ作品の実写版とか誰得だったわ》
《変更する必要なかっただろ。マジで実写邦画終わってんな》

などの厳しい声が続出している。

「ジブリ版ではバイオリニスト、今回はチェリストですが、原作では聖司の夢は画家。そもそもジブリ版でも原作改変が行われているのです。また10月15日に放送された『王様のブランチ』(TBS系)では、松坂から〝クランクインの1カ月前にチェロへ変更された〟といった裏話が飛び出していました。その理由は、彼が別作品でバイオリンをやった経験があるため。大人の事情で簡単に設定が変わるのもいかがかなものかと思われますが、制作陣は大した影響はないと判断したのでしょう」(同・ライター)

こういった作品は思い出補正が邪魔してしまい、純粋に楽しめない人も多いのだろう。

【あわせて読みたい】