オズワルド伊藤とのキス実演? 女芸人の生々しいネタに「ドキドキした」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

10月18日放送の『笑いの総合格闘技! 千原ジュニアの座王2時間SP』(フジテレビ系)で、女性芸人がマネキン相手にキスを披露した。その際にきわどいセリフを放ち、「ドキッとした」「生々しい」と視聴者を興奮させた。

『M-1グランプリ2021』『キングオブコント2022』のファイナリスト『ロングコートダディ』の堂前透は、『ラランド』のサーヤと対戦。マネキンを人に見立てて、セリフ付きで面白くキスをした方を勝ちとするルールだった。

キスの前後にボケる必要があるこの対決で、サーヤはマネキンの正面から近付いた。マネキン側からキスを求められて「なになになに…」と戸惑った様子のサーヤは、「どうした、どうした」とささやきながらマネキンに軽くキス。なおも倒れ込む様子のマネキンを必死に支えたサーヤは、マネキンに抱き付きながら体勢を整え、またもキスを交わした。

なだめるようにマネキンに抱き付いたサーヤは「どうした? イワクラさんだと(キス)できなかった?」とつぶやいた。

『オズワルド』伊藤俊介とのキスを実演?

これを聞いて、すでに敗者となり、脱落していた『蛙亭』イワクラの交際相手『オズワルド』伊藤俊介は、下を向いてクスクスと笑いをこらえた。千原ジュニアは「うわー…めちゃくちゃ求められてたやん…」と漏らした。

対決は堂前が勝利。感想を求められた伊藤は「サーヤに言いたいのは俺、近場で順繰らせないから」とツッコミを入れた。

視聴者はサーヤがキスする様子を見て、思わず興奮したようだった。

《サーヤのサヤ×イトKissヤバネタすぎてクソわろた》
《座王のサーヤのキス、ガチでリアルな感じでドキッとした》
《女芸人がキスやると、どうしても生々しくなっちゃって笑えないイメージが勝手にあったけど、サーヤちゃんちゃんと面白かった》
《サーヤさんのキスリアルでなんかドキドキした》
《サーヤのキス生々しくて嫌だ》
《青髪サーヤちゃん可愛すぎキス対決普通にキュンキュンした…》

伊藤とイワクラのキスはどのような感じなのだろうか。

【あわせて読みたい】