明石家さんま“外国人イジリ”で炎上「何でもかんでも笑いにするな!」

明石家さんま 

明石家さんま 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

お笑い怪獣・明石家さんまが、10月18日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、外国人の日本語の言い間違いをしつこくイジり、視聴者から「嫌な気持ちになった」「時代錯誤だよ」と批判を浴びている。

ゲストに大相撲の関脇・豊昇龍関が登場。番組後半、相撲のまわしの色を聞かれた豊昇龍関は青色だと回答。「もともと青色が好きだったんで…」と明かし、昨年赤に変えたところ「青の方が似合ってたんじゃない?」と言われたそうだ。

「昔は黒がほとんどやったんですけどね、まわしは」とつぶやいたさんまに、豊昇龍関は「けど、今はいろの色の…いろいろの色の…」と、「いろいろな色の」とみられる言葉を間違え、一瞬口ごもってしまった。

相撲力士の言い間違いに「ややこしいな!」

これを聞いてさんまは「いろいろ…ややこしいな! ややこしい!」と一喝。再び「お相撲さん全員、幕内の力士たち、いろいろの色の…」と言い間違えたのを聞くと、テーブルに指示棒を打ち付けて大笑い。「今、(まわしが)派手になってますよね!」と言い換えた。

大横綱・元朝青龍をおじに持つ23歳の豊昇龍関はモンゴル人で、日本の高校に留学。来日してから10年たたない計算になる。

日本語をうっかり間違えてしまった豊昇龍関の口ぶりを見て、思わず笑った視聴者もいたようだが、間違いをしつこくイジったさんまを批判する声が漏れている。

《さんまさん好きだけど、豊昇龍の日本語イジってたのは嫌な気持ちになったな…》
《わたしが逆の立場でつたない英語をネイティブからバカにされたら泣いちゃうよ》
《シャンポンってめっちゃ笑われてたけど、豊昇龍外国人やからな! 日本語めっちゃ上手やろ さんまさん何でもかんでも笑いにするな!》
《人前で外国語の間違いを茶化したり、それを面白いと笑う感覚も時代錯誤だよ》
《いちいち遮ってまで変なツッコミするのやめてくれないかな 結局話が尻切れになって最後まで聞けない》
《だからこの番組イライラするんだわ。豊昇龍出てなきゃ見ないけどね》
《豊昇龍の言い間違えそんなに笑って掘り下げんなよ。真面目にしてるのに可哀想》

AI通訳機のCMを持っているさんまなのだから、多少の間違いには寛容であってほしかった。

【あわせて読みたい】