玉川徹氏の生謝罪が『SMAP』にソックリ?「見せしめ」「悪夢の様な映像」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

10月19日放送の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に、安倍晋三元首相の国葬に関する事実誤認発言で、出勤停止10日間の謹慎処分を受けていた報道局社員の玉川徹氏が出演。

あらためて発言を謝罪したが、その内容にネット上で疑問の声が上がっている。

番組冒頭、司会の羽鳥慎一が「玉川さんの10日間の謹慎処分が昨日で終わりました。ここで、玉川さんからあらためて説明、お詫び、そして今後についてです」と口を開くと、別室で待機していた玉川氏がスーツに黒ネクタイ姿で登場。

神妙な顔つきで、「おはようございます。今回の私の事実誤認のコメントにより、ご迷惑をおかけした電通、および菅前総理大臣に対し、あらためてお詫び申し上げます。このような事実に基づかない発言をテレビでしてしまったということ、それは私の慢心とおごりがあったからだと反省いたしました。申し訳ございませんでした」と深々と頭を下げた。

その上で「謹慎の10日間、私は事実確認の大切さ、テレビで発言することの責任の重さを考え続けました。そして、事実確認こそが報道の根幹である。その原点に立ち返るべきだと考えました。これまで私はスタジオでさまざまなニュースに対し、コメントを続けてきましたが、これからは現場に足を運び、取材をし、事実確認をして報告する。その基本にもう1度立ち返るべきだと考えました」と心境について説明する。

続けて、「取材の結果は、この『羽鳥慎一モーニングショー』の中でお伝えする。そういう風な考えに私は今回、至りました。この間、報道局幹部とも話し合いを続け、このような私の考えを理解してもらいました。視聴者の皆さまにも、ご理解いただけるとありがたく存じます。今後、このような形で仕事を続けて参りますが、ご支援のほどよろしくお願いいたします」と謝罪した。

「テレビ朝日は演出がお上手と言うことですね」

一連の謝罪は大きな話題になったが、過去に起こった騒動と結び付ける人も多く、

《SMAPが頭を下げたあの悪夢の様な映像の記憶に匹敵するくらい、今朝の玉川さんの謝罪は悲しかったです》
《玉川徹さんの謝罪コメントを見ていて、なぜかSMAPの謝罪会見を思い出した。あの時もなぜ彼らがあんなに青い顔をしてあんな場を持たなければいけないのか、疑問しかなかった。理不尽な事が多過ぎる》
《玉川徹さん公開処刑みたい。SMAPを思い出す。確かに慢心とおごりは見られたけど、この演出はなぁ…》
《今朝の玉川さんをみてSMAPを思い出した。辛かった。まさにみせしめ。公開処刑。これから誤った発言をした方々がどのように処分されていくのか楽しみです》
《モーニングショーの玉川さんの謝罪、SMAPのスマスマでの生謝罪を思い出したわ。敵に回しちゃいけない人を怒らせた見せしめ的な…恐ろしい》

などの意見が散見された。

「『SMAP』の謝罪は、解散が騒がれていた2016年に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で開かれたもの。『世界に一つだけの花』のバック映像にファンからのメッセージが流れ、5人の姿が映し出されたました。各メンバーがメッセージを伝えたのですが、一部メンバーの表情が死んでおり、大きな話題に。この日の番組平均視聴率は31.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました」(芸能ライター)

公共の電波を使った謝罪は、色々と憶測を招くのかもしれない…。

【あわせて読みたい】