蛙亭イワクラが“芸能界の闇”をガチ暴露「世にはそれが出てない」

イワクラ 

イワクラ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

人気お笑いコンビ『蛙亭』イワクラが、芸能界にとんでもなく〝悪い人〟がいると暴露して波紋を広げている。

10月16日、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』が更新され、本音トークバラエティ『焚き火で語る。』の最新回がアップされた。

出演しているのは、前回から引き続きイワクラと『かが屋』加賀翔の2人。お題にそって、本音のトークを繰り広げていく。

ここで「理不尽だと思うことを教えてください」というトークテーマで、イワクラがまず、『オズワルド』伊藤俊介との熱愛をスクープされたことにチクリ。「盗撮やん」と言いたいが、それを言ったところで世間から「芸能人なんだから」「有名税だろ」などと反論されることを考えると何も言えず、「考えることをやめた」そう。

このように、芸能界の理不尽さに違和感を抱くイワクラなのだが、ここで「こんな末端のお笑い芸人でさえ、ある事柄の真実を全部知ってて、ある事柄の本当の悪い人を知っているけど、世にはそれが出てない。でも言えないじゃん」と突然暴露。そうした例は数多くあるそうだ。

芸能界に巣くう本当の悪い人

そして、その〝悪い人〟を裁くには本当のことを言うしかないのだが、それを言うとその周りの関係ない人まで傷つけてしまうことになるので、告発できないという。「こういうこと結構あるから…」とイワクラは真剣な表情で語っていた。

「SNSの発達で個人が簡単に情報を発信・共有、そして監視できるようになり、わずか10年前と比べても圧倒的に風通しがよくなった芸能界。事務所を独立する芸能人が増えているのも、干される危険性があまりないと判断してのことでしょう。しかしそれでもなお、枕営業は横行していますし、どう考えても不自然な芸能事務所忖度がテレビで平然と行われたりと、一部のトップ層は相変わらずやりたい放題。膿を出し切るのは無理なようですね」(芸能記者)

イワクラの指摘する〝悪い人〟とは、果たして誰のことなのだろうか。

【あわせて読みたい】