三倉茉奈がドン引き双子エピソードを暴露「闇深すぎ」「本当に悪質」

マナカナ 

マナカナ (C)まいじつ 

10月19日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)に、双子芸能人として活躍してきた三倉茉奈・佳奈が出演。過去のざんげ話を明かし、視聴者を「闇深すぎ」とドン引きさせている。

過去に反省すべきことがあるという芸能人が集まり、スタジオでざんげした。茉奈は、朝ドラで父役を演じた吉田栄作と食事した際の話を振り返った。

芝居のダメ出しをされ「お父さんと親子げんかしてるみたいな感覚になったのと、酔ったのもあって…」と、その場にあったおしぼりを吉田に投げつけて泣いたエピソードを明かす。

茉奈は双子の妹・佳奈との逸話も披露した。2人で並び写真や動画を撮ることが多かったが、お互いに自分をより小顔に見せたいと思っていたそう。カメラを向けられながら、互いに定位置からどんどん後ろに下がっていったと明かした。

マナカナ・茉奈が暴露「本当に悪質」

「お互いにだけは負けたくない」と、妹に対するライバル意識も強かったという茉奈。小学校から大学まで同じ学校だったが、「真面目で努力するタイプの佳奈」のノートと教科書を、テスト前にカバンから抜いたとも告白。「いま考えたら本当に悪質」と反省した。『くりぃむしちゅー』上田晋也は「今、日本人全員が『佳奈派』になったから」とツッコミを入れた。

双子の仲はいいという茉奈は「いろいろ話はする」としながらも、思春期に恋愛の話は一切しなかったと吐露。彼氏ができれば報告するルールはあったが、交際するまでの経過はお互い話していなかったという。茉奈は経過が気になり、妹の携帯電話を見ていたと暴露。

お互い携帯電話を見られていることに気づいていたからか、家の中でも常に携帯電話を持ち歩いていたと明かした。本人は放送後、ツイッターで《いやーー改めて、反省します マナ嫌いにならないで》と改めてざんげしている。

視聴者は上田のツッコミに乗じて、茉奈をイジった。

《マナカナ闇深すぎ》
《マナカナ、たぶん、マナがそんな感じだと、恋バナしたくないし携帯は隠すわな。姉妹だからもちろん実際キレイな関係ではないと思うけど》
《マナカナのどっちか判らんけどヤバいな》
《そりゃマナカナはFace IDカンケーないしな》
《マナカナちゃん、バッチバチだったのね マナカナのマナの好感度めっちゃ下がっとるw》
《マナカナのどっち派でも無かったけど今日から断然カナ派になりました 笑》
《マナカナはマナ派》

イジるのは結構だが、視聴者にはマナとカナの見分けがついているのだろうか…。

【あわせて読みたい】