『silent』ゴリ押しの謎…“ポスト木村拓哉”出演で失敗が許されない?

川口春奈 目黒蓮 

川口春奈 目黒蓮 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

「泣ける!」と評判を呼んでいる、川口春奈が主演の連続ドラマ『silent』(フジテレビ系)。ネットメディアでやたらとアゲ記事が量産され、持ち上げられている同作だが、なんともキナ臭いウワサもあるようだ。

高校時代に佐倉想(目黒蓮)の声と紡ぐ言葉に惹かれた青羽紬(川口)は、3年の時に彼と同じクラスになった。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、2人は付き合うことに。

しかし大学進学というタイミングで、佐倉が一方的に別れを切り出す。それから8年、紬は湊斗との同棲をスタートさせようと考えている中、病気で耳が聞こえなくなった佐倉と再会する…。

「川口のお相手役を務めているのは、今ジャニーズで最も人気のグループ『Snow Man』の目黒。YouTubeのチャンネル登録者数を見ても、『King & Prince』が約130万、『SixTONES』が約177万に対して、『Snow Man』は約203万と上回っている。つまり、『Snow Man』は過去の『SMAP』や『嵐』のような存在であり、そのエース・目黒は、ポスト木村拓哉なわけです」(芸能記者)

絶対に失敗が許されない“ポスト木村拓哉”

そんな目黒が、今回地上波プライム帯ドラマで初めてレギュラー出演しているのだが…。

「同作は川口主演作と発表されていますが、どう見ても川口・目黒のW主演です。なぜ目黒を主演扱いしないかがわからない。ポスターも川口より目黒の方が目立っています。ここから察するに、ドラマがヒットした後に、こっそりW主演だったと変更する手が予想されます」(同・記者)

なぜ、このようなまどろっこしい戦略を取るのだろうか。

「こうすれば、コケたら主演の川口のせい、ヒットすればW主演の目黒のおかげだと謳えますからね。絶対に失敗が許されない〝ポスト木村拓哉〟だと考えると、こうした特別対応も頷ける。ネット上でワケがわからないほど絶賛されているのも、そういった裏があると感じてしまいますね」(同)

実際、同作は視聴率がわずか6%台なのに、やたらと各メディアで称賛され、まるで〝神ドラマ〟かのように扱われている。芸能界は恐ろしい。

【あわせて読みたい】