マクド『三角チョコパイ』のCMが不評?「イライラする」「マジで無理」

伊藤沙莉 

伊藤沙莉 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

毎年秋に発売され、季節の風物詩メニューとなったファーストフードチェーン『マクドナルド』のスイーツ商品『三角チョコパイ』。10月11日から新CMがテレビ放送されているのだが、このCMに不快感を覚える人が続出しているようだ。

今年は、定番の『三角チョコパイ 黒』と、今年初登場の新商品『三角チョコパイ 白の王様』の2種類を発売。CMは「黒と白の王様」篇と題し、俳優の伊藤沙莉と志尊淳が起用されている。

CMは、紅葉が散りばめられた場所で、伊藤が「今年ーもやっと食べれーる」と歌い出す。そこへ志尊が「三角チョコパイ」を手にしながら駆け寄り、2人は「われらーの秋が来たー」とハモる。

さらに落ち葉を舞い散らせながら秋を前面に押し出し、その後は2人で「三角チョコパイ」を食べて美味しさもアピール。癖になる独特なメロディーの音楽と、紅葉の美しい景色が見事にマッチしたCMとなっていた。

まるで洗脳ソング? 新CMに酷評殺到…

人気商品「三角チョコパイ」の新CMだが、目にした人々は不快感を覚えた模様。特に音楽が耳に残るようで、ネット上では、

《なんか三角チョコパイのCMがイヤだ。なんでかイライラする》
《連続で流れるとクソイライラするわ》
《三角チョコパイは好きだけど、三角チョコパイのCMめちゃくちゃ嫌い》
《三角チョコパイのCM、志尊淳は嫌いじゃないけど、これは真木よう子と伊藤沙莉が良かったな》
《そろそろ三角チョコパイのCM嫌いになりそう。何回も流れてくるとマジで無理》
《三角チョコパイのCM、耳障りで嫌い》

などの批判が続出している。

「昨年も同商品が発売された際、同じ楽曲を使用しています。原曲はラップグループ『RIP SLYME』の『太陽とビキニ』という曲で、昨年は伊藤と真木よう子が出演していました。しかし昨年の放送時から《2人とも本当に可愛い!》などと絶賛する声があがるとともに、一部からは《ノイローゼになりそう》などと言われていました。今回はキャスティングの変更もあって、さらに酷評されているのかもしれません…」(芸能ライター)

CMなんて、注目されたもの勝ちではあるが…。

【あわせて読みたい】