日曜劇場『アトムの童』懐かしの格ゲーにおじさん歓喜「スト2で対戦は胸熱」

山﨑賢人 

山﨑賢人 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月23日放送の日曜劇場『アトムの童』(TBS系)第2話で、人気格闘ゲーム『ストリートファイターII』の話題に。全国のおじさんたちが喜びの声をあげている。

同作は、山﨑賢人演じる「ジョン・ドゥ」こと天才ゲームクリエイター・安積那由他(なゆた)が、老舗メーカー「アトム玩具」とタッグを組み、大企業「SAGAS」社長・興津晃彦(オダギリジョー)に立ち向かうストーリー。

第2話では、那由他ともう1人の「ジョン・ドゥ」である菅生隼人(松下洸平)が、仲たがいした理由が明らかに。それは、当時作っていたゲームを「SAGAS」興津に盗作され、その責任を感じた仲間の公哉(柳俊太郎)が自ら命を絶ったことに関係していた。

この事件で、ゲーム作りを辞めた那由他とは対照的に、隼人は自ら「SAGAS」に入社。那由他からすれば隼人は仲間を死に追いやった敵に迎合しているようにしか見えず、以降、絶縁状態になった。

しかし、隼人の真意は〝盗作されたゲームの名義を「ジョン・ドゥ」に変更させる〟こと。そのため、隼人は興津に一方的な契約を結ぼうとしていた。それらすべてを知った那由他は、隼人に「俺はもう1回、隼人と一緒にゲーム作りたい」と訴えるが、「もう遅いんだよ」と拒否されてしまう。

しかし、隼人はいざ契約を結ぶとなったとき、興津を前に突然「俺ストIIで最初に極めたの、昇竜拳でも波動拳でもなくてガードなんですよ。つまり待ち専ガイル」「あのゲームは相手の技を防ぐ、ガードっていうシステムを取り入れたのが画期的だったと思うんですよね」と語り出す。

これに興津が「ストリートファイターはやったことないかな。古いゲームでしょ」と吐き捨てると、隼人は「ストIIもやったことないような人に、プロジェクトを任されても楽しいゲームが作れるとは思いません」と契約を破棄するのだった。

「イケメンの口から待ち専ガイル」

その後、ゲームセンターで「ストリートファイターII」をプレイする那由他は、対戦相手のガイルの戦法で隼人だと気がつき、ゲーム越しに和解。再び「ジョン・ドゥ」が揃う展開となった。

「二桁視聴率が当たり前となった日曜劇場で、同作は初回平均視聴率8.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と爆死。ゲーム開発者という馴染みのない職種に、主な視聴層である中年・高齢層が感情移入しにくいのが原因かと思います。そういった層に訴求しようとした結果が『ストリートファイター』の起用でしょう。これなら遊んだことがあるだろう、目を向けてくれるだろうという算段が見えます」(芸能ライター)

実際に、「ストリートファイター」が鍵になった展開については、ネット上でも、

《イケメンの口から繰り出される待ち専ガイル》
《ベタな展開が逆に心地良かった。スト2で対戦のシーンは胸熱だったわ ドットゲームだったり、スト2(待ちガイルネタ)だったり確実におっさんホイホイドラマだわ》
《「ストIIやったことのない人と面白いゲームを作れる気がしない」 かなりのパワーワード》
《アトムの童はスト2も入ってるからワクワクできるのかな? 待ち専ガイル? 自分の周りでは待ちガイルだった。 連れの一人はまさにそれでリュウを使う自分はホントにイライラしながら戦ってた。もう30年くらい前だもんな…》
《アトムの童見てたら待ち専ガイル発言してて、なおかつ重要な会話でストIIを組み込んでてすげぇリスペクト感じた》

など、反応は上々。視聴率も初回の2ケタ割れから10.6%に大幅アップした。

ここから、さらに数字をあげていけるだろうか。

【あわせて読みたい】