内田有紀と“同い年女優”の熱い友情にファン歓喜「特別な関係なんだ」

内田有紀 

内田有紀 (C)まいじつ 

女優の内田有紀が、10月23日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)に出演し、盟友・米倉涼子との関係について明かした。

内田と米倉は、人気ドラマ『ドクターX』(テレビ朝日系)で約10年間共演する仲。お互い、今年47歳と同じ歳でもある。

以前、米倉が同番組に登場した際、内田について「私、同業の友達作るのイヤなんで。同業の女の子の友達は作らないって、なんとなく決めてたんですよ。でも、有紀ちゃんには本当にすべて話せる」と告白。また、「彼女が頑張っている姿を見ると、私ももうちょっと引き締めなきゃいけないなとか」と刺激を受ける人物でもあると明かしていた。

一方、内田も「こんなにざっくばらんに話ができる気を遣わない女優さんて、なかなか(いない)」と気の置けない仲であるとし、「よねちゃんもよく言うんですけど、女優さんって気を遣うんですね、やっぱり。年を重ねた女優さんて特になんか『怖そう』とか『怒りそう』とか(思われがち)。でも全然そんなことなくて、内心はもうナイーブな少女たちなんですよ。私もよねちゃんも」と笑う。

最後には「…って、自分たちで言わないと誰も言ってくれなくなっちゃう」とオチをつけて話すのだった。

「本当によねゆきしか勝たん」

「ある番組にて、米倉は『ドクターXで、一番気持ちのこもった〝私失敗しないので〟は?』という質問に対し、内田演じる麻酔科医・城之内博美に対して言ったものだと回答。博美がガンに侵され、号泣しながら米倉演じる天才外科医・大門未知子に手術を懇願するシーンは、多くの視聴者の涙を誘いました」(芸能ライター)

こうした内田と米倉のただならぬ友人関係に、2人の名前を組み合わせた「よねゆき」ファンからは

《2人を見て本当によねゆきは特別な関係なんだなーって思った。なんでも話せる仲、そしてお前あんた呼びの仲の2人がいつまでも幸せに楽しく過ごせるならオタクはそれだけで幸せです》
《同業の女の子のお友達つくらないよねさんが ゆきちゃんとは全て話せて 「彼女」が頑張る姿を見て頑張ろうと思える そんな相手だと言い切るのが凄い 本当によねゆきしか勝たん》
《よねゆきの関係性ほんと好きです! ドクターXで2人を好きにならない人がいない!》
《よねゆき見ると涙が出るんだけど、末期?》

などと、歓喜する声があがっている。

「ドクターX」の新シリーズ、もしくは新ドラマでのタッグなど、待ち遠しいものだ。

【あわせて読みたい】