炎上女王・上西小百合氏の模索する「好感度アップ作戦」

(C)まいじつ

前衆議院議員の上西小百合氏が12月14日に投稿したツイッターの内容が、またまた炎上している。

上西氏が似ていると自称した女優の深田恭子が、先ごろ女性向け美容雑誌『VOCE』の『最も美しい顔2017』に選出されたことに対してのものだ。この投稿には批判の投稿が集中した。

《鏡良く見てますか? 貴方と深キョンじゃ天と地ほど差があり、美女(深キョン)と野獣(上西)ですのでメイクを参考にした所で何ら変わりません。残念。》
《鏡、観た事ありますか?》
《まず….つやか に 1 突っ込み! 次に学校中に 2 突っ込み!! 最後に 深きょん 深きょんと言われた事に 3突っ込み!!! 突っ込みどころ満載で呆れます。 謝れ 深田恭子さんに! 謝れ!!!全世界に!!!まっ!いいか! 仕方ないや! そら西さん 怒るわ!!!》
《勘違いも甚だしい。恥をしれ恥を!》

 

「炎上商法」は否定するも…

上西氏は、この投稿の少し前に自らの投稿は“炎上商法”ではないと否定している。

しかし、かつて上西氏は自らのルックスが“かわいい”とアピールしたこともあった。

そして上西氏は、翌15日に次のような投稿をした。

《好感度アップが来年の私のテーマ》というが、上西氏はタレントになるつもりなのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子「五輪キャスター就任」で不安視される羽生結弦の調整

※ 松居一代が離婚調停締結後「まだ戦う」と宣言した真意

※ ブルゾンちえみ活躍の裏にあった波田陽区の存在

※ 木村拓哉「謝罪の会」中居正広抜きの忘年会に発展か

※ 深田恭子と亀梨和也が破局か