長澤まさみ『エルピス』低視聴率だったワケ…初回からトラウマシーン連発

長澤まさみ 

長澤まさみ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

俳優・長澤まさみ主演の連続ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(フジテレビ系)が10月24日からスタート。初回平均世帯視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)で、〝死に枠〟の汚名を返上できなかったようだ。

同ドラマの主人公は、アナウンサーの浅川恵那(長澤)。週刊誌に〝路チュー〟を撮られ、社内で〝制作者の墓場〟と揶揄される深夜の情報番組『フライデーボンボン』に左遷された。しかし、新米ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)とともに、連続殺人事件の冤罪疑惑を追って行く中で、自分自身を取り戻していく社会派エンターテインメントだ。

映画『モテキ』以来のタッグとなる長澤まさみ×大根仁監督という布陣も注目を集めている。

初回放送に視聴者からは

《なんか映画みたいなドラマだったね。かなり本格的な感じがよかった。次回が楽しみです》
《社会派ドラマって最近少なくなってきてるから新鮮だった。渡辺あやさんの脚本と聞いて、さらに期待と確信が高まりました》
《長澤まさみさんがちゃんとアナウンサーの喋りになっている。 正直、それだけでもすごいなと思った》
《下らない恋愛ドラマよりも全然いいね。今後の展開が楽しみです》

など、期待が膨らんでいる。

長澤まさみが演技派であるゆえに…

一方、初回視聴率は8.0%と、パッとしない滑り出しに。思ったよりも伸びなかったのには、それなりの理由があったようで、

《心と体のバランスを崩して吐く長澤まさみちゃんの姿が、ちょっとしんどい》
《吐くシーン多すぎる。 病気なのかわからないけど、観ていてこっちまで気分悪くなった…》
《面白いけど長澤さんの吐き気のシーンなんか嫌です》
《食べたら吐く辛くなったら吐くストレスで吐くもらい吐きしそう》
《吐くシーン多すぎ。こんなシーン1時間に何回も見たくない》

など、厳しい意見も散見される。

「『エルピス』は企画段階では〝ラブコメ〟だったといいますが、制作を手掛けるカンテレがオリジナル脚本で、しかも冤罪事件という踏み込んだ内容の企画にOKを出し、連ドラ化が実現しました。〝権力の横暴や腐敗〟への危機感が描かれるなど、かなり骨太な内容となっていますね。今回、睡眠・摂食障害を患う恵那が、現実社会と向き合うシーンに大きな反響が寄せられました」(テレビ誌ライター)

長澤といえば思い出されるのが、2012年に放送された『都市伝説の女』(テレビ朝日系)だ。長澤は都市伝説オタクの刑事・音無月子を演じ、奔放な演技でファンを魅了。深夜帯にもかかわらず高視聴率を連発し、最終回では番組最高の11.6%を記録している。

「エルピス」はなかなかシビアな内容だが、今回も長澤の演技に視聴率が左右されるといっても過言ではないだろう。

【あわせて読みたい】