長澤まさみ『エルピス』第1話から打ち切り危機! 想定外の爆死で大赤字か…

長澤まさみ 

長澤まさみ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月24日より、長澤まさみ主演のドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(フジテレビ系)の放送がスタート。局をあげた大作ドラマだったが、スタートダッシュは失敗に終わったようだ。

『エルピス』は、長澤の4年半ぶりの連ドラ主演作となる社会派エンターテインメント。スキャンダルで落ち目となったアナウンサーと仲間たちが、10代の女性が連続して殺害された事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った〝自分の価値〟を取り戻していく姿を描く。

実在する事件に着想を得た冤罪という重厚な題材を扱いながらも、リアリティーに富んだコミカルな会話劇や、スリリングな展開と演出がウリだというが…。

「脚本は、連続テレビ小説『カーネーション』や映画『ジョゼと虎と魚たち』をはじめ、数々の名作ドラマ・映画を世に送り出し、今作で初めて民放連続ドラマを執筆する渡辺あや氏。演出は、長澤も出演した映画『モテキ』や映画『バクマン。』をはじめ、数多くのヒット作の監督を務めてきた大根仁氏。劇中音楽を作曲するのは、連続テレビ小説『あまちゃん』や大河ドラマ『いだてん』、映画『花束みたいな恋をした』などを手掛けた大友良英氏。第1話から制作費の高さがうかがえる撮り方で、映画のようなカットがいくつもありました」(芸能記者)

映画クオリティーを視聴者は求めてない?

しかし、初回の世帯平均視聴率は8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。そこら辺の連ドラとまったく変わらない数字だ。

「制作陣はおそらく、初回二桁を確信していたことでしょう。ここまで視聴率が悪かったのは、スタッフの〝意識の高さ〟にあります。地上波のドラマ視聴者は、壮大で重厚なストーリーなど求めておらず、わかりやすく『泣けた!』『スカッとした!』『エモい!』となるのが好み。今期でいえば、川口春奈主演の『silent』(フジテレビ系)や平野紫耀主演の『クロサギ』(TBS系)です」(同・記者)

「1話で切るのは判断が早すぎる」といった声もあるが、地上波ドラマなら最初の1話で客をつかめないと、その先見てもらえない。2時間キッチリ客が黙って最後まで見てくれる映画ではないからだ。

「見逃し配信されている『TVer』でも全く話題になっていないあたり、『エルピス』は大赤字でしょう。1話ごとに莫大な制作費がかかることを考えると、予定より早く打ち切りなんて可能性もあります」(同)

プロデューサーは早々にテコ入れをしたいだろうが、ここまで大物スタッフを集めていると、そう簡単に方向転換もできないだろう…。

【あわせて読みたい】