コロッケ『ものまねグランプリ』引退も…「許せない」「消されとる」

コロッケ 

コロッケ (C)まいじつ 

ものまねタレントのコロッケが、10月25日放送の『ものまねグランプリ』(日本テレビ系)で、同番組からの引退を宣言した。最後に五木ひろしのものまねを披露したが、放送後に視聴者から「許せない」と怒りの声が続出する事態となっている。

事前のインタビューでコロッケは「番組のプレイヤーとして今回は最後にしようかなと」と宣言。「自分の枠を後輩に譲る」と語った。

番組最終盤に放送された最後のネタでコロッケは、岩崎宏美、美川憲一、松山千春のものまねを誇張しながら披露。Mr.シャチホコが玉置浩二、松浦航大が平井堅をものまねし、豪華コラボでパフォーマンスを披露した。

権利上の問題? ネット配信で音声流れず

ラストで見せたのは五木のものまね。コロッケがおなじみの「ロボット五木ひろし」を見せる中、スタジオの隅には五木本人が花束を持ってスタンバイ。終わりを待ってステージに現れると、コロッケは感極まった様子。

五木は「今日で終了って聞いたので駆け付けました」と言い、「五木ロボ」について「だいぶ変化してました」と評してコロッケを笑わせた。

コロッケが番組、視聴者に感謝を口にして番組は終了した。この模様は本放送はもちろん、民放テレビ配信サービス『TVer』でも同様に流れたが、「五木ロボ」が歌うシーンだけは音声が全てカットされていたと視聴者は指摘。コロッケの顔芸だけでは面白さが全く伝わらないと嘆いている。

《ロボット五木ひろしネタの音声が消されとるやんけ》
《無音でよくわからなかった》
《音声なしで映像のみ、音無しのロボット五木ひろしなんてよくわかんないじゃん マジで許せない…コロッケさん最後なんだよ!》
《TVerだとロボット五木ひろし音声なしだったか…》
《huluもTVerも、 ものまねグランプリのロボ五木のとこだけ音声がないのはなんでなんだろ?権利関係? 一番楽しみにしてたのに》
《ラストのコロッケさんのシーンをHuluで観ようとしたら、音声入ってない。Tverだったら「著作権上の」あれだな》

権利上の問題だったとしても、当の五木が出演していたのだから、OKにしてもよかったと思ってしまうが…。

【あわせて読みたい】