二階堂ふみが映像作家と「年末駆け込み結婚」へ

(C)まいじつ

女優の二階堂ふみが、3月に交際を報じられた元モデルで映像作家の米倉強太氏と結婚するのではないかと噂されている。

11月23日に二階堂は約2年間出演した『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!18』からの卒業を、涙ながらに突然発表した。

「あまりにも不自然なタイミングでの卒業発表でした。『役者としていろいろ勉強していかなきゃな、という気持ちもあり』などと説明していましたが、ならば最初からこの仕事を引き受けなければよかっただけの話です。突然の降板は、米倉氏との年末電撃結婚が真相だとみられています」(スポーツ紙記者)

 

年末に結婚しなければならない理由がある

なぜ年末なのか。二階堂は、年明け1月7日から放送が始まる大河ドラマ『西郷どん』(NHK)への出演が決まっており、NHKの“暗黙のルール”があるためだという。

「NHKの大河ドラマや朝の連続テレビ小説では、原則的に重要な役の出演者は、放送期間中のスキャンダルや異性問題がNGとされています。そのため、新年に持ち越すと1年間は結婚ができません。二階堂は結婚願望が強く、『20歳で結婚したい』が口癖だっただけに、西郷どんのスタート前に籍だけは入れてしまおうということのようです」(同・記者)

これまで星野源、新井浩文、菅田将暉らそうそうたる人気俳優と交際、または浮名を流してきた二階堂は、主演映画『リバーズ・エッジ』が来年2月16日に公開される。

「同映画で二階堂は女子高校生を演じています。二階堂にとっては、独身時代に撮影した“最後の主演映画”になる可能性が高く、かつ、結婚への覚悟を示した作品になりそうです」(芸能記者)

斉藤由貴の不倫降板、渡辺謙の不倫報道など、放送前に出演者のスキャンダルが続出した『西郷どん』だが、最後の最後に二階堂がさらに話題を提供してくれそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 加藤綾子「五輪キャスター就任」で不安視される羽生結弦の調整

※ 松居一代が離婚調停締結後「まだ戦う」と宣言した真意

※ ブルゾンちえみ活躍の裏にあった波田陽区の存在

※ 木村拓哉「謝罪の会」中居正広抜きの忘年会に発展か

※ 深田恭子と亀梨和也が破局か