よゐこ、キャイ~ン、ココリコ…世代交代で消えていくベテラン芸人たち

濱口優 (C)まいじつ 

ここ数年、テレビやネットメディアで「6.5世代」や「第7世代」が台頭し、急速に世代交代が進んでいるお笑い界。一方、こうした煽りを受けているのが、これまで大御所~中堅クラスとして活躍してきたベテラン芸人たちだ。

「現在のお笑い界は『かまいたち』『チョコレートプラネット』『ニューヨーク』など、中堅世代が続々と冠番組を持つMCクラスにステップアップしています。一方で番組が減少しているのが、『ナインティナイン』『ココリコ』『ロンドンブーツ1号2号』『よゐこ』といった、かつては多くの冠番組やレギュラーを持っていた芸人たち。世代交代が如実に進んでいるのです」(お笑い事情通)

こうした世代の地上波レギュラー本数を見ると、「ココリコ」「ロンブー」「ナイナイ」「よゐこ」は共に1本、『キャイ~ン』『とんねるず』は0本と何とも寂しい数字。「6.5世代」とも呼ばれる「ニューヨーク」「かまいたち」らとは、明暗がはっきり分かれている。