本田翼がドラマ脚本にブチギレか!?『君の花になる』戦犯扱いに不満の日々

本田翼 

本田翼 (C)まいじつ 

10月25日、本田翼主演のドラマ『君の花になる』(TBS系)の第2話が放送された。あまりに酷い脚本で、本田がブチギレ寸前だという。

主人公は、ある出来事をきっかけに挫折して高校教師を退職した仲町あす花(本田)。求人条件に惹かれて、7人組ボーイズグループ『8LOOM(ブルーム)』の住み込み寮母となる。

グループのリーダーは、かつての教え子・佐神弾(高橋文哉)。しかし、久々の再会を喜ぶあす花と対照的に、なぜか彼女に冷たく当たる弾。ひと筋縄ではいかない、あす花と「8LOOM」の共同生活が始まる…。

「第1話放送時、ツイッター上で〝本田翼の演技〟というワードが長時間トレンド入りするなど、本田はネット上でフルボッコにされました。第2話では、視聴者全員に共感性羞恥を感じさせた酔っぱらい演技を披露。またもネット上でボコボコにされましたね。大手検索エンジンでは、共感性羞恥の関連ワードとして本田翼という名前があがるなど、回を重ねるごとに本田の評判が下がっています」(芸能記者)

クソ脚本でも演じるしかない俳優たち…

そしてこの現状に、当然ながら本田はご立腹だという。

「ドラマを見ている人ならわかりますが、本田の演技どうこうではなく、脚本が単純に酷すぎる。これを演じるのは、もはや罰ゲームです。そしていつもはヘラヘラしている本田ですが、コアな漫画好きとあって、ストーリーを見る目は実は鋭い。今回の脚本の酷さを十分に理解しており、脚本ではなく自分の演技に非難が集中していることにかなりの不満を抱いている。先日、本仮屋ユイカが脚本にダメ出しして現場で揉め、降板騒動になったように、基本的にこのクラスの俳優は脚本についてとやかく言えない。そのせいで本田は爆発寸前。演技もヤケクソになっているようです」(同・記者)

竹中直人、夏木マリ、内田有紀など大御所俳優も出演している『君の花になる』。一体なぜ、こんなことになってしまったのだろうか…。

【あわせて読みたい】