茂木健一郎氏のYouTube爆死中! ゆたぼん炎上に乗っかる苦しい現状

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

ユーチューバーのゆたぼんが、10月25日に自身のYouTubeチャンネルを更新。日本一周旅の資金不足を訴え、ネット上をあ然とさせている。

ゆたぼんは「日本中の人に元気と勇気を届けたい!」と、クラウドファンディングで集めた資金をもとに『ゆたぼんスタディ号』で日本一周をスタートさせた。

25日にアップされた動画で、「今、緊急で動画を撮ってるんですけど、このままだと日本一周できません」と切り出したゆたぼん。「大赤字です。まじで大赤字で、本当にお金がなくて、特にガソリン代が高くて、今現在でガソリン代だけで50万円以上かかっていて、本当にもう大赤字。このままだと日本一周厳しくて」と現状を説明する。「皆さんに〝投げ銭〟してほしいです」と寄付を呼びかけた。

また、23日にゆたぼんは広島編を公開。原爆ドームを訪れ、「本当に戦争ってやっちゃいけないことだし、こういうことは覚えとかなくちゃいけない」とコメント。しかし動画で、「1945年8月6日にアメリカが日本の広島県と長崎県に原爆を落とした」と話しており、「長崎は8月9日」と指摘する声が上がっていた。

茂木健一郎氏がネット民を非難

この騒動に対し、脳科学者の茂木健一郎氏は10月26日、『ゆたぼんにレベルが低い、義務教育受けろ、と言っているひとたちの方がレベルが低い』と題した動画を自身のYouTubeへ投稿。ゆたぼんの発言が炎上していることについて「そもそも〝知性とは何か〟という概念がネット民は陳腐。だからゆたぼんのお父さんの発言も反論されている」とコメント。続けて、「ゆたぼんを応援できる人になれないのか」と苦言を呈した。

この主張に、ネット上からは

《ヒマなの?》
《髪型すげぇなこのおっさん》
《茂木さんは目先のことしか見えてない》
《色々と若い人達と会合的なことやっているけど、その若い子達にも義務教育は必要ないと言えるのかな?》
《ゆたぼんが投げ銭を募集してますよ。先生の財力でゆたぼんを救ってあげてください》

などのツッコミが続出している。

「ゆたぼんはこれまで訪れた都道府県を読み上げ、残り7件でゴールできると力説しましたが、赤字なら今すぐ計画を中止して帰宅するのが筋でしょう。そもそもクラウドファンディングで支援者から金を集めたのなら、きちんとした計画を立てて実行するのが責務です。全国各地で観光を楽しみ、さらには髪の毛を金髪にしたり、ネイルサロンに行くなどとても〝スタディ〟とは思えないことで散財しているのですから、ファンもさすがに呆れたんじゃないでしょうか。一方の茂木氏はYouTubeの再生数1万以下が通常運転。以前から〝逆張り〟を指摘されていますが、今回の件に便乗して再生数を稼ごうと捉えられてしまったようです」(ネットニュースサイト編集者)

炎上騒動はまだまだ長引きそうだ。

【あわせて読みたい】