ウーマンラッシュアワー「政治風刺」反応に大きな温度差

JoyImage / PIXTA(ピクスタ)

JoyImage / PIXTA(ピクスタ)

12月17日に放送された『THE MANZAI 2017』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ『ウーマンラッシュアワー』が披露した漫才がインターネット上で反響を呼んでいる。

ウーマンラッシュアワーは原発問題、沖縄基地問題、震災での仮設住宅問題、北朝鮮問題など、さまざまな政治問題が山積しているにもかかわらず、今年は有名人に不倫問題ばかりが報道されたことを皮肉る漫才を披露した。そして、「国民の意識の低さ!」と危機感が無いことを揶揄し、村本大輔が最後に客席を指さし「お前たちのことだ」と言って締めくくった。

時事問題が満載された漫才で、村本はツイッターへ満を持してのネタだったことを投稿した。

 

著名人には絶賛の意見が多いが…

この漫才には、ツイッターで続々と反響があった。

メディアにも数多く登場する医師の森田豊氏、作家の乙武洋匡氏などもツイッターでこのことについて言及している。

しかしながら、一般の視聴者のなかには、漫才を否定的に捉えた人もいるようだ。

SNSでは、《ウーマンのネタは過激過ぎて寒い》、《ウーマンの村本は政治家にでもなるつもりか》、《見ていて時事解説みたいで笑えなかった》、《ネタを事前にチェックしたのか》などなど否定的な意見も投稿されている。

「村本は、『爆笑問題』のように時事ネタを鋭く展開する漫才に憧れているようです。テレビ局にも『過激過ぎるネタを流していいのか』というクレームがあるようですが、村本は気にしていません。このまま過激な時事ネタ路線を突き進むでしょう」(芸能関係者)

まさにわが道を行く『ウーマンラッシュアワー』の未来はいかに。

 

【あわせて読みたい】

※ 木村拓哉「謝罪の会」中居正広抜きの忘年会に発展か

※ 深田恭子と亀梨和也が破局か

※ 市川海老蔵「小林麻耶とのハワイ旅行」を隠した理由

※ 「とんねるずのみなさんのおかげでした」本当の終了理由

※ 前田敦子「顔が変わりすぎ」すれ違って分からないスタッフも