所ジョージ“YouTube閉鎖”の理由を改めて説明「邪魔しないでって」

所ジョージ 

所ジョージ (C)まいじつ 

お笑いタレント・陣内智則のYouTubeチャンネル『陣内智則のネタジン』に、所ジョージとのコラボ動画がアップされた。その中で所が、約10年間運営していた自身のYouTubeチャンネルを閉鎖した真意を改めて明かしている。

話題になっている動画は、10月26日に投稿された『【所ジョージさんの世田谷ベースに行ってきた!】所さんのこだわりがスゴすぎた!』。

陣内は、東京・世田谷にある所の作業場「世田谷ベース」を訪れ、カジュアルな雰囲気のなか、芸能界のあれこれについて語り合った。

そんな中で陣内は、以前も話題になった、約10年間運営してきた所のYouTubeチャンネル『SETAGAYA BASE 工作部』を今年6月に閉鎖したことについて尋ねる。

「俺がそのビールの広告やるよ」

所いわく、その理由はYouTubeの規定変更によって、投稿者の意図に関わらず自動で動画に広告がつくようになったからとのこと。

人一倍こだわりを持って撮影から編集まで、すべて自分でやっていた所にとって、この仕様は耐え難かったようで、「広告も俺にやらせてくれるんだったらやるよ」「たとえばビールの広告つけたいんですって言ったら、俺がそのビールの広告やるよ」と主張。「俺の一人でやってることを邪魔しないでっていうことだったの」と閉鎖した当時の心境を語るのだった。

「もともとアーティストとしてデビューした所さんは、人が思いつかないようなことを思いついたときに、一番の喜びを感じるタイプだそうです。ゼロから作り上げる楽しさを味わっているのに、広告によって『自分の作品ではなくなってしまう』という感覚は、アーティストならではと言えるかもしれないですね」(芸能ライター)

アーティスト気質な本質と、ゆる~い雰囲気が長年愛されてきた所。チャンネル閉鎖は寂しいが、当時から運営するもう1つのチャンネル『所さんの97チャンネル』は、現在も活発に更新されているので要チェックだ。

【あわせて読みたい】