サザン・原由子がVTuberに敗北! 31年ぶりアルバムが寂しい結果に…

(C)ViDI Studio / Shutterstock

国民的音楽グループ『サザンオールスターズ』の原由子が、31年ぶりのオリジナルアルバム『婦人の肖像(Portrait of a Lady)』を10月19日に発売。かなり宣伝に力を入れていたにもかかわらず、売れ行きはあまり好調ではないようだ…。

「サザン」のフロントマン・桑田佳祐の妻であり、キーボーディストである原。「婦人の肖像」は、1991年にリリースされたアルバム『MOTHER』以来、かなり久しぶりのソロアルバムとなる。

クリムトの絵画から着想を得たという作品で、コロナ禍の2021年7月から制作開始。戦友であり楽友である桑田のバックアップを受け、彼が作詞作曲した新曲『ヤバいね愛てえ奴は』や『ぐでたま行進曲』などが収録されている。

「『サザン』の全盛期は、1980年代後半から2000年前半ごろ。アルバムを購入するのは音楽ストリーミングサービスに慣れておらず、いまだにCDで音楽を聴く中高年世代がメインだったでしょう。しかし『ORICON』が発表した10月31日付の『週間アルバムランキング』(2022年10月17日~2022年10月23日)では、推定売上が約2万2000枚で、初登場4位という結果に。1つ上の初登場3位にランクインした『にじさんじ』所属のVTuber男性ユニット『ChroNoiR』の約2万6000枚にも敗北してしまいました」(音楽ライター)

何十年ぶりにメディア露出したのに…

彼女はアルバム宣伝のため、さまざまなバラエティー番組に出演していたのだが…。

「原は10月に、黒柳徹子と24年ぶりにテレビ共演した『徹子の部屋』(テレビ朝日系)や『マツコの知らない世界』(TBS系)、『SONGS』(NHK)などに出演し、アルバムを宣伝していました。他にも18年ぶりに単独でテレビCMに出演したり、収録曲『鎌倉 On The Beach』のMVを先行公開したりと、積極的にメディア活動をしていました」(芸能ライター)

CDがダメならYouTubeが好調なのかと思いきや、10月7日に公開された「鎌倉 On The Beach」の再生回数は28日時点で36万回程度だった。往年の名アーティストがパワーダウンしたケースは他にも見られる。

「〝ユーミン〟こと歌手の松任谷由実は、10月4日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)で番組初出演を果たしました。番組の名物企画『空耳アワー』の大ファンだという松任谷のために、松任谷の楽曲の中から空耳を探し出す『空ユミ・アワー』、お気に入りの空耳をランキングにした『ユーミンの〝MY FAVORITE 空耳BEST10〟』も発表。しかし、新ベストアルバムの発売を控えての出演だったためか、視聴者から《つまんない。ユーミンがいるのは宣伝だけの為か》《宣伝と忖度のために空耳アワーを潰さないでくれ…》といった苦言が続出していました」(同・ライター)

昨今の音楽シーンにおいて、フィジカルとデジタルの折衷は難しいところでもある。今後、若手・ベテラン問わず、アーティストはどのような方法で作品を世に送り出していくのだろうか。

【あわせて読みたい】