『日向坂46』最新シングル売上が1万枚減…メンバー人気が枚数に直結?

齊藤京子 

齊藤京子 (C)まいじつ

10月26日に『日向坂46』が、8枚目のシングル『月と星が踊るMidnight』をリリース。グループの1期生・齊藤京子が表題曲で初センターを務め、売上ランキングでトップを獲得した。しかし、前作と比べると売上枚数が減少しており、ファンがザワついているようだ。

「月と星が踊るMidnight」は、『オリコン』が発表した25日付の『デイリーシングルランキング』で初登場1位を獲得。推定売上枚数34万8189枚で、2位にランクインしたジャニーズアイドル『A.B.C-Z』の新曲『#IMA』の2万8337枚に大きな差をつけている。

「ランキングだけ見ると相変わらず絶好調の『日向坂46』ですが、前作のシングル『僕なんか』の売り上げに比べると、減少傾向にあることが分かります。『オリコン』発表の『デイリーシングルランキング』で『僕なんか』は、初動35万8840枚を記録。『月と星が踊るMidnight』は、約1万枚も少ない売り上げになっています」(アイドルライター)

売り上げから見る“卒業”の影響

誤差と言えなくもない数字ではあるが、ファンはこの事態を重く受け止めている様子。ネット上には、

《初日34万ってどうなんや。少ない気がする…》
《べみほ抜けたけど、それほど下がってなくて良かった》
《前作は初日が約35万枚。恐らく渡邉のミーグリ分がそのまま減ったな》
《4期は次からフル部数で稼働してもらわないと、売り上げが減ることはあっても、増えることはないな》

などのさまざまな反響が寄せられている。

「売り上げが下がったのは、2期生・渡邉美穂の卒業が影響しているといった意見も。同グループのCDにはオンラインミート&グリート(個別トーク会)参加権利という特典が付くのですが、ファンは彼女の分がそのまま数字に反映されているのでは、と考察しているようです。メンバーの卒業がここまで露骨に影響するのは、アイドルならではかもしれませんね」(同・ライター)

前作「僕なんか」は、グループの絶対的エース・小坂菜緒の復帰直後に発売されたシングルだったが…。

「〝小坂ブースト〟で売り上げが伸びたと考えるファンも少なくありません。しかし、これは『日向坂46』が小坂に頼り過ぎている、という見方もできます。小坂は体調面が不安なところもあり、一時期は長期休養を取っており、卒業のウワサも頻発しています。さらに、この後は1期生・2期生の卒業ラッシュも心配されていますし、不安材料は山ほどあるのです。ただ『日向坂46』は4期生が加入したばかり。彼女らの活躍次第では、次回作でぐっと売り上げを伸ばせるのではないでしょうか」(同)

齊藤のセンター抜擢のように、メンバーが多い今の内に、もう少し色々なメンバーにスポットを当てていくべきなのかもしれない。

【あわせて読みたい】