自称・社会現象ドラマ『silent』いきなりファンタジー展開でガッカリ!

鈴鹿央士

鈴鹿央士 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

SNSのトレンドに入っただけでフジテレビが「社会現象」だと自画自賛する、自称・社会現象ドラマ『silent』。10月27日に放送された第4話では、誰もが予想できた〝テンプレ展開〟へ突入したが、感動の声が集まっているようだ。

高校時代に佐倉想(目黒蓮)の声と紡ぐ言葉に惹かれた主人公・青羽紬(川口春奈)は、3年の時に彼と同じクラスになった。中学からの幼馴染である戸川湊斗(鈴鹿央士)の紹介もあり、2人は付き合うことに。しかし大学進学というタイミングで、佐倉が一方的に別れを切り出す。それから8年、紬は湊斗との同棲をスタートさせようと考えている中、病気で耳が聞こえなくなった佐倉と再会する…。

第4話では、紬の度重なる〝浮気ムーブ〟に心が折れた今カレ・湊斗が重大な決断をする。湊斗は佐倉を高校時代のフットサル仲間の輪に再び招き入れ、その試合に佐倉の通訳役として紬も招待する。

このフットサルの最中、楽しそうに笑いながら会話(手話)をしている佐倉と紬を見て、なにやら切なそうな表情を浮かべる湊斗。その直後、紬を呼び出して「好きな人がいるから…」と別れを切り出す。

実は湊斗は、佐倉にも「紬、想の横にいるときが一番カワイイんだよね」「2人見てて、2人がどう思ってるか何考えてるか分かるから」と話しており、復縁を後押ししたのだった。

「まじで毎週めっちゃ泣かされる」

この展開に、あまりドラマに触れたことのないのであろう視聴者からは、

《昨日号泣して見ていました》
《なんでこんなに毎回泣かされるんだろう…》
《まじで毎週めっちゃ泣かされる》
《このドラマ、泣かない回は無いのかな?くらい毎回切なくて、でも時々ふわっと暖かくて本当にいいドラマですね》

といった純粋な感想が並んでいる。

「同作は、障がい者のことも〝特別扱いしていない風〟で、演出も変に盛り上げない〝自然風〟なストーリーがウケてきました。しかしここにきて、メイン2人をくっつけるために、当て馬男が身を引くという超絶テンプレ展開を発動。今後どう展開するかわかりませんが、少なくとも、予想を遥かに下回るテンプレ展開を求めていた視聴者はいないでしょう。いっそ、紬が湊斗をフッてしまうほうが、リアリティーがあった。変に〝誰も悪くない〟〝みんな優しい〟感を全開にするあまり、物語がどんどんファンタジーになっています」(芸能記者)

主人公の女性が、今カレをフッて元カレのもとに戻るのは、作品の好感度的によろしくないだろう。しかし、新感覚をウリにするなら、その程度のタブーは破ってほしかったものだ。

【あわせて読みたい】