『ザ・トラベルナース』15年前の“一発屋芸人”がひっそり出演「馴染んでた」

岡田将生

岡田将生 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月27日にドラマ『ザ・トラベルナース』(テレビ朝日系)の第2話が放送された。15年前にブレークした一発屋芸人が話題になっている。

トラベルナースの那須田歩(岡田将生)は、アメリカを転々としながら医療活動に従事。手術場で医師を補助し、一定の医療行為を実施できる看護資格「NP(=ナース・プラクティショナー)」を生かし、数々の命を救っていた。

そんな折、ある人物からの要請で日本へ帰国し、民間病院「天乃総合メディカルセンター」へ。実は、同院では看護師が次々と辞め、慢性的な人手不足が深刻な問題だという。そこで、謎のスーパーナース・九鬼静(中井貴一)と働くことになる…。

第2話では、「天乃総合メディカルセンター」にグルメなスーパードクター・神野博道(六角精児)が着任。しかし、高級レストランから貴重な白トリュフを仕入れたという情報を聞きつけると、患者の手術も後回しにしてしまうような横柄な医師だった。

そんな神野が行きつけのレストランのシェフとして登場したのが、ヒゲを蓄えたダンディーな男性。これを演じていたのがなんと、お笑い芸人・ムーディ勝山だった。

「ムーディ勝山久しぶりに見たわ」

かつて一世を風靡した芸人の登場に、ネット上では、

《ムーディ勝山?って思ったらやっぱりそうやった》
《ムーディ勝山久しぶりに見たわ》
《ムーディー勝山みたいなシェフって思ったらガチムーディーやった》

といった声が上がるとともに、エンドロールでその名前が流れ、初めて出演していたことに気づいた人も多いようで

《え、ムーディ勝山いつ出てた?笑》
《ムーディ勝山って名前が見えたんだが…》
《ムーディ勝山? 名前見えたけど、あの?》
《気づけなかった 自然に馴染んでたなぁ…》
《最後のクレジットにムーディ勝山ってあって、え?どこに?と思ったらまさかの白トリュフ出してたシェフだった! めちゃくちゃ馴染んでて全然気付かなかった!》

といった驚きの声があがっている。

「ムーディは、元『雨上がり決死隊』宮迫博之の闇営業問題の騒動に加担しており、人知れず謹慎。約2カ月の間、月収がゼロになったと言います。そもそも謹慎する前も、ロケバス運転手などの副業で生活している状態だったため、人気ドラマへのゲスト出演は大抜擢だったことでしょう」(芸能記者)

顔だけ見れば俳優っぽくもあるムーディ。俳優業へのシフトチェンジもありかもしれない。

【あわせて読みたい】